海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

マサチューセッツ工科大学

マサチューセッツ工科大学


飛行機と潜水艦が直接交信できるようになるかも!? MITが新技術を開発中

飛行機でWi-Fiが使えるのが当たり前の時代になった。しかし、水中ではそう簡単にはいかない。地上で使う短波は水中では役に立たず、潜水艦などでは超長波や音響を活用して地上と交信している。 しかし、飛行機と潜水艦が直接交信で...

“盲目”でも自由に動けるチーターロボットがMITから登場

マサチューセッツ工科大学(MIT)ではチーターのようなデザインの自律走行ロボットが開発されている。走ったり、ジャンプしたりするという能力を持ち、しかも障害物を回避する賢さも併せ持つ。 そして今回、さらにグレードアップした...

極小ドローンが登場するかも?! MITが超小型ナビ用チップを開発

米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が、わずか20平方ミリメートルのチップの開発に成功した。 ドローンなどの“脳”として活用できるチップで、これまでにない小ささのドローンやロボットの製造に役立てることができそうだ。 ...

発電施設の水消費量を最大30%削減する集水システムをMIT出身スタートアップが開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者を中心に創設されたスタートアップ企業「Infinite Cooling(インフィニット・クーリング)」は、発電所や大型データセンターの冷却塔で大気中の水蒸気を収集する独自システ...

体内の植え込み型医療機器に無線で給電できる画期的な手法をMITとハーバードが考案

米マサチューセッツ工科大学とハーバード大学医学部ブリガムアンドウィメンズ病院との研究プロジェクトは、2018年6月、高周波によって、ヒトの体内に埋め込まれたデバイスと無線で通信し、電力や光を供給できる画期的な手法を開発し...

MITが3Dプリンティング技術を活用した自律航行ボートの製造手法を開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は、オランダの研究機関「AMSインスティテュート」らと共同で開発をすすめている自律航行ボート「Roboat」について、その操縦性や制御の精密性を向上させるとともに、3Dプリンティング技...

心の中を読むマシーン?! MITが開発中の「AlterEgo」が画期的

パソコンやスマホなどのコンピューターを、普段私たちはスクリーンタッチやキーボード入力などで操作している。 近年は手の動きや、音声などでも操作できるようにもなっているが、このほど米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のメデ...

ヒトの器官を模した人工組織をつなぐマイクロ流体プラットフォームをMITが開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究プロジェクトは、2018年3月、最大10器官の組織をつなぐマイクロ流体プラットフォーム「Body on a chip」の開発に成功した。 開発初期の新薬の有効性と安全性を調べる、...

製材にロボットを活用した大工システム「AutoSaw」をMITが開発

米マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)の研究プロジェクトは、製材にロボットを活用した大工システム「AutoSaw(オート・ソウ)」を開発した。 怪我などのリスクからユーザーを守るべく、木...

大気中の温度変化を電力に変換する世界初の「熱共振器」をMITが発明

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究プロジェクトは、温度の異なる物質が接しているときに熱を引き出したり、放出する力、すなわち“熱浸透率”に着目し、昼夜のサイクルで起こる大気中の温度変化を電力に変換する新たな手法を発...

1 2 3

WHAT'S NEW

最新情報