海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

マサチューセッツ工科大学

マサチューセッツ工科大学


MITが衣服生地に折り込めるバイタルサイン測定センサー「E-TeCS」を開発

患者の心拍や呼吸回数、体温といったバイタルサインの測定はかつては大掛かりなマシーンで行われていたが、テクノロジーの発展により小型化され、最近はフィルム状のものなどが登場している。 そしてこのほどマサチューセッツ工科大学(...

キュウリの巻きひげの仕組みを模倣した、軽量かつ丈夫な人工筋肉をMITが開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、2019年7月、キュウリの巻きひげの仕組みを模倣した、繊維ベースの人工筋肉を開発した。 研究成果をまとめた論文は、学術雑誌のサイエンス(Science)で掲載されている...

MIT発スタートアップ「Optimus Ride」がニューヨークとカリフォルニアで自動運転車を展開へ

米マサチューセッツ工科大学(MIT)から2015年に独立したボストンのスタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」は、2019年内にニューヨーク市のインダストリアルパークとカリフォルニア州フェア...

選果に最適?! ソフトタッチで物をつかめるロボットアームをMITが開発

ロボットアームと聞くと、人間の腕を模した5本指のあるタイプを想像する人が多いのではないだろうか。しかし、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)がこのほど発表したのは、デスク...

MITのミニ・チーターロボットは滑らかに走って“バク宙”もできる!

人や動物を模したロボットの開発が加速度的に進み、前進だけでなく自由自在に動き回るタイプが増えてきている。 しかし進化はとどまらないようだ。マサチューセッツ工科大学(MIT)がこのほど公開したビデオによると、開発中のミニ・...

太陽エネルギーで水から高温の過熱蒸気を生成する画期的なデバイスをMITが考案

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、2018年12月、太陽エネルギーで水を沸騰させ、この水蒸気をさらに加熱して高温の“過熱蒸気”を生成するデバイスを開発した。 この成果をまとめた研究論文は、科学オンライン...

3Dプリンターと人工知能により絵画を精緻に複製できるシステムをMITが開発

米マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)の研究プロジェクトは、2018年11月、3Dプリンティング技術と人工知能(AI)を組み合わせ、絵画を複製するシステム「RePaint(リ・ペイント)...

植物が光に反応して自動的に移動するユニークな植物サイボーグをMITが開発

米マサチューセッツ工科大学メディアラボ(MIT Media Lab)の研究チームは、2018年12月、植物がマシンと直接対話し、車輪を使って光の方向へ移動するユニークな植物サイボーグ「Elowan(エロワン)」を開発した...

AIが乳がんのリスクを予見! MIT、放射線医師と同レベルの診断ができるモデルを構築

Techableでは先日、GoogleがAI(人工知能)を使って転移性乳がんを検知できるツールを開発したことを紹介した。そして今回は、乳がんになる前の段階でリスクを予見する技術のニュース。 米国のマサチューセッツ工科大学...

飛行機と潜水艦が直接交信できるようになるかも!? MITが新技術を開発中

飛行機でWi-Fiが使えるのが当たり前の時代になった。しかし、水中ではそう簡単にはいかない。地上で使う短波は水中では役に立たず、潜水艦などでは超長波や音響を活用して地上と交信している。 しかし、飛行機と潜水艦が直接交信で...

1 2 3 4

WHAT'S NEW

最新情報