海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

マサチューセッツ工科大学

マサチューセッツ工科大学


MITのミニ・チーターロボットは滑らかに走って“バク宙”もできる!

人や動物を模したロボットの開発が加速度的に進み、前進だけでなく自由自在に動き回るタイプが増えてきている。 しかし進化はとどまらないようだ。マサチューセッツ工科大学(MIT)がこのほど公開したビデオによると、開発中のミニ・...

太陽エネルギーで水から高温の過熱蒸気を生成する画期的なデバイスをMITが考案

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、2018年12月、太陽エネルギーで水を沸騰させ、この水蒸気をさらに加熱して高温の“過熱蒸気”を生成するデバイスを開発した。 この成果をまとめた研究論文は、科学オンライン...

3Dプリンターと人工知能により絵画を精緻に複製できるシステムをMITが開発

米マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)の研究プロジェクトは、2018年11月、3Dプリンティング技術と人工知能(AI)を組み合わせ、絵画を複製するシステム「RePaint(リ・ペイント)...

植物が光に反応して自動的に移動するユニークな植物サイボーグをMITが開発

米マサチューセッツ工科大学メディアラボ(MIT Media Lab)の研究チームは、2018年12月、植物がマシンと直接対話し、車輪を使って光の方向へ移動するユニークな植物サイボーグ「Elowan(エロワン)」を開発した...

AIが乳がんのリスクを予見! MIT、放射線医師と同レベルの診断ができるモデルを構築

Techableでは先日、GoogleがAI(人工知能)を使って転移性乳がんを検知できるツールを開発したことを紹介した。そして今回は、乳がんになる前の段階でリスクを予見する技術のニュース。 米国のマサチューセッツ工科大学...

飛行機と潜水艦が直接交信できるようになるかも!? MITが新技術を開発中

飛行機でWi-Fiが使えるのが当たり前の時代になった。しかし、水中ではそう簡単にはいかない。地上で使う短波は水中では役に立たず、潜水艦などでは超長波や音響を活用して地上と交信している。 しかし、飛行機と潜水艦が直接交信で...

“盲目”でも自由に動けるチーターロボットがMITから登場

マサチューセッツ工科大学(MIT)ではチーターのようなデザインの自律走行ロボットが開発されている。走ったり、ジャンプしたりするという能力を持ち、しかも障害物を回避する賢さも併せ持つ。 そして今回、さらにグレードアップした...

極小ドローンが登場するかも?! MITが超小型ナビ用チップを開発

米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が、わずか20平方ミリメートルのチップの開発に成功した。 ドローンなどの“脳”として活用できるチップで、これまでにない小ささのドローンやロボットの製造に役立てることができそうだ。 ...

発電施設の水消費量を最大30%削減する集水システムをMIT出身スタートアップが開発

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者を中心に創設されたスタートアップ企業「Infinite Cooling(インフィニット・クーリング)」は、発電所や大型データセンターの冷却塔で大気中の水蒸気を収集する独自システ...

体内の植え込み型医療機器に無線で給電できる画期的な手法をMITとハーバードが考案

米マサチューセッツ工科大学とハーバード大学医学部ブリガムアンドウィメンズ病院との研究プロジェクトは、2018年6月、高周波によって、ヒトの体内に埋め込まれたデバイスと無線で通信し、電力や光を供給できる画期的な手法を開発し...

1 2 3 4

WHAT'S NEW

最新情報