海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ペンシルベニア州立大学

ペンシルベニア州立大学


ペンシルベニア州立大による伸縮可能なウェアラブルセンサー、従来の10倍の感度を実現

排気ガスなどに含まれる二酸化窒素は人体にとって有害。呼吸器系の疾患を誘発することが知られている。 ペンシルベニア州立大学、ノースイースタン大学、および中国の5つの大学の研究チームによって開発されたウェアラブルセンサーは低...

ペンシルベニア州立大、AIを活用した食生活改善アプリの開発へ! 食品や分量を認識

ペンシルベニア州立大学らの国際研究チームは、食品と1人分の量を認識できるアプリを開発している。 スマホカメラを皿にかざすと食品をAIが認識し、ユーザーは食事の摂取量を正確に記録できるようなる。また、それぞれの食事基準に基...

ペンシルベニア州立大が自己修復するソフトロボット用材料! イカのタンパク質を模倣

ソフトロボットのアクチュエータは、繰り返しの運動に耐え、摩耗が修復しやすいものが求められている。 こうしたなかペンシルベニア州立大学の研究チームは、イカに含まれるタンパク質を模倣して、自己修復可能な材料を開発した。このタ...

ペンシルベニア州立大、新型コロナの予測モデルに衛星データを組み込むプロジェクト!

気温や湿度といった気象条件が新型コロナウイルスにどう影響するかに関しては、まだ決定的な答えは出ていない。これに対して、人と人との接触率については、数日後の新型コロナ感染者数を予測する指標となることがわかっている。 こうし...

スマートスピーカーでスピーチの不安を軽減する技術、ペンシルベニア州立大が発表!

普段から人前に立つ職業でなくても、そういった機会は避けられないもの。大勢を前にすると緊張してパフォーマンスが落ちてしまう方もいるのではないか。 スピーチの指導を受けるほどの思い切りがなくても、家庭にあるスマートスピーカー...

NASAが太陽光発電機プロトタイプを2020年に国際宇宙ステーションに輸送予定

いま、民間宇宙企業が打上げコストの削減を進めている。そして今回、イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学(以下、BGU)が、超小型の太陽光発電機のプロトタイプを設計した。NASAは、2020年の打ち上げでこのプロトタイプを...

NASAの火星の居住スペース建築コンペでAI SpaceFactoryが勝者に!AI活用で家を3Dプリント

NASAは、積極的に民間企業/研究機関の技術を借り宇宙開発を進めている。このほど、宇宙空間での作業ロボットや小型宇宙船の設計などで競い合う「Centennial Challenges」の一環として、火星の居住スペース建築...

1

WHAT'S NEW

最新情報