海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

フラウンホーファー研究機構

フラウンホーファー研究機構


フラウンホーファーがプールの監視員替わりになる救助ロボット!

ドイツではプールの監視員が全国的に不足しているとのこと。将来、水中救助ロボットが監視員および救助員の役割を担うようになるかもしれない。 センサーを活用したビジョンシステムを開発するフラウンホーファー・光テクノロジー・シス...

フラウンホーファー、バイクにも利用できる水素燃料「POWERPASTE」を開発!

ガソリンやディーゼルエンジンなどは近い将来廃止されることになり、これに替わる候補の1つとして水素を動力源とする推進システムに期待が寄せられている。 燃料自動車やバスなんかはすでに公道を走っているのに対し、スクーターなどの...

フラウンホーファーが数立方センチのオゾン生成器を開発! 家電に搭載して水を消毒

排水や飲料水の消毒に用いられているオゾンだが、シャワーやトイレ、家電など、小規模アプリケーションにはまだ展開の余地がある。 無味無臭で殺菌力が強く環境にも優しいオゾンは、消毒手段として優秀。オゾン生成器のコンパクト化が待...

フラウンホーファー、蝶を真似たコーディング技術で太陽光パネルの見た目を魅力的に!

再生可能エネルギーを生み出す太陽光発電は広く普及してほしいところだが、太陽光パネル設置による建物外観への悪影響はいかんともしがたい。たくさんの太陽電池のつぎはぎによって作られる太陽光パネルのデザインが改善できれば、もっと...

フラウンホーファーのLiDARシステム向けMEMSミラー、自動運転で目の役割を果たす!

次世代車両では、3Dデジタルビジョンが可能なLiDARシステムが目の役割を果たしてくれるかもしれない。 フラウンホーファー研究機構の集積光学デバイス研究部門IPMSは、LiDARシステムに用いるマイクロスキャナーミラーを...

眼圧を簡単に測定できるようになる緑内障向けインプラント「Eyemate」が欧州で商品化

日本人の40歳以上の20人に1人が緑内障を患うとされている。緑内障は、眼圧が上昇することで視神経を圧迫する病気で、放置しておくと最悪、失明に至る。 そうした深刻な事態を防ぐためには、眼圧をモニターすることが重要となる。し...

1

WHAT'S NEW

最新情報