海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ハーバード大学

ハーバード大学


ハーバード大、おもちゃにインスパイアされ高速でジャンプするソフトロボット開発!

裏返して置くと、元の形に戻るときの反発力でジャンプするポッパーというおもちゃがある。ハーバード大学ジョン・A・ポールソン工学・応用科学スクール(SEAS)の研究者らが、これにインスパイアされてソフトロボットを開発した。 ...

MITが開発するCRISPRベースのコロナ検出テストが唾液サンプルにも対応!

新型コロナとの共存が強いられるニューノーマルにおいては、感染検査を日常的に行うようなシステムが必要。そのために正確で扱いやすい検査キットの普及が求められている。 このような条件を満たすPCR検査や抗体検査の開発が競われて...

まさにタコの触手! ハーバード大学が吸盤付きのソフトロボットを開発

タコが器用なことをご存知だろうか。柔らかい触手を巻きつけたり、吸盤を使ったりしてものを掴むことができる。 そうしたタコの触手を模したロボットを、ハーバード大学の研究者らが開発した。本物さながら触手がなめらかに動き、ものを...

日本の切り紙がヒント!聴覚回復に役立つ新しい聴覚インプラントをスイスの大学が開発中

この綺麗な七夕飾りのようなものは、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(以下、EPFL)が開発中の、聴覚障害に役立つ新しい聴覚インプラント。研究者らは日本の伝統的な「切り紙」をヒントに、新たなデバイスを開発している。 ・高い弾...

歩行も走行もアシストする柔らかな外骨格スーツをハーバード大学が開発

外骨格スーツと聞くと、工場などで労力を伴う仕事をこなす人の作業をアシストする、なんともいかついものを想像する人が多いだろう。 しかしこのほどハーバード大学のビース研究所が発表した外骨格スーツは腰回りにつける軽量の柔らかい...

太陽電池でさらに進化!ハーバード大学によるミツバチロボット「RoboBee」が単独飛行に成功

ハーバード大学が超軽量のミツバチ型ロボット「RoboBee」を発表したのは2016年のこと。あれから3年。さらに進化した形で私たちの前に再び姿を現した。 ・太陽電池でさらに軽量化 本物のミツバチさながら空中を飛び回る「R...

iRobotが買収のRoot Robotics、お絵かきロボットがSTEM教育で活躍!

iRobotがハーバード大学発のスタートアップ、Root Roboticsを買収した。Root RoboticsはSTEM教育用のロボットを開発していて、iRobotは今後、使いやすい教育用ロボットを提供していく計画だ。...

集団で目的を達成する「パーティクル・ロボット」をMITが開発

MITの研究者らは、グループでつながって動く「パーティクル・ロボット」を開発した。生体組織をつくる細胞からインスパイアされて生まれた同ロボットは、移動したり、物を運んだりといった作業を集団でおこなう。 シンプルなユニット...

精神疾患もVRで治療可能に!?アメリカの企業の新たな試み

様々な分野での活用が進められているVRだが、最近では、医療の分野での研究も進められている。 カリフォルニアに拠点を置くLimbixは、精神疾患の治療にVRを活用しており、これまでに様々な症状の緩和を目的にしたVR体験を開...

世界最小の壁を登れるロボ「HAMR-E」をハーバード大が開発!

Techableでは以前、ハーバード大学ビース研究所が開発したマイクロロボット「HAMR」を紹介した。水中を泳いだり水面を進んだりできるというゴキブリロボだ。 今度は、そのHAMRをベースに垂直の壁に登れる能力を持たせた...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報