海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ドローン

ドローン

ドローンを活用した輸血用血液の輸送サービスがルワンダで始動!

近年、ドローン(無人航空機・UAV)は、農業、林業、運送業など、様々な業種で活用が検討されているが、いよいよ、医療分野活躍する日も近そうだ。 ・輸送用血液のドローン輸送サービスがルワンダでスタート 米カリフォルニア州の「...

怪しいドローンを24時間監視!ドイツ生まれのドローン探知ソリューション「DroneTracker」

遠隔操作や自動制御によって無人で飛行できるドローン(無人航空機・UAV)は、捜索活動の支援や報道取材、映像撮影をはじめ、農業、林業、運送業など、様々な分野に幅広く応用されはじめている。 その一方で、飛行禁止空域への不法侵...

重さたった100ミリグラム!静電気で動くミツバチそっくりのロボット「RoboBee」をハーバード大が開発

ハーバード大学のマイクロロボット学研究室より、まるでミツバチのように空中を舞うロボット、その名も「RoboBee(ロボビー)」が登場した。外見はもとより、重さも100ミリグラム程度と、本物のミツバチを模倣して作られている...

【Interview】「東京や大阪ではなく福岡で」行政が支援を行う福岡市でスタートアップを行った社長が感じたメリット、デメリット

お金や人が都心に集まるため、東京で事業を起業するケースは多い。しかし近年、地方都市でも起業が盛んになっており、特に福岡市は市全体で街にスタートアップ企業を呼び込んでいる。 Techableでは福岡の九州大学ビジネス・スク...

ドローンを使ってピンポイントで種をまく植林ソリューション「DroneSeed」

国連食糧農業機関(FAO)の「世界森林資源評価」によると、地球の陸地面積に占める森林の割合は2015年時点で30.6%と、1990年時点の31.6%から減少。 近年は、地球温暖化防止や環境保全などの観点から、植林が積極的...

【Interview】熊本地震でドローンは高速道路の復旧にどう役に立ったか?ドローンコンサルティング会社「トルビズオン」に直撃

空撮や荷物を運ぶためなど、各所で実用利用が増えてきたドローン。実は今回の熊本地震でも高速道路の早期復旧に役に立ったのをご存知だろうか? 金沢大学が熊本城の空撮を行った事例なども大きく報道されているが、物資の輸送に欠かせな...

アクションスポーツ撮影に!ドローン「FlyPro XEagle」は専用ウォッチでハンズフリー操作

最近、数多くのカメラ搭載ドローンが商品化されている。それらのほとんどが操縦を楽しみつつ、風景などを撮影するタイプ。 しかしこのほど登場した「FlyPro XEagle」は、アクションスポーツ撮影に特化したドローンだ。ハン...

世界初!ドローン分野に特化したオンラインマーケットプレイス「Airstoc」

遠隔操作や自動制御によって無人で飛行できるドローン(無人航空機・UAV)の需要は、近年、急速に拡大。 アイルランドの調査会社「Research and Markets」によると、ドローンのグローバル市場の規模は、2015...

ポケットに入る小型ドローン「Wallet Drone」は3000円台で購入可能!

もはやその存在を知らない者はいないほど、定着した感のあるドローン。安い物は、1万円台で入手可能。個人でも、手軽に購入できるようになった。 問題は、その操作。きれいに飛ばすだけでも、かなりの練習がいるという。初心者は、万が...

ドローン友達を探せる!DJIのアプリはユーザー同士のフォーラム機能も

ドローンを飛ばす楽しさを、誰かと共有したい。そんな人をターゲットにしたアプリが、大手ドローンメーカーDJIからリリースされた。 近くでドローンを飛ばしている人を探し、一緒に楽しめるというもの。飛ばすのに最適なスポット検索...

ドローンで撮影した画像をクラウドソーシングで解析する、次世代型の捜索支援ソリューション

遠隔操作や自動制御によって無人で飛行できるドローン(無人航空機・UAV)は、近年、偵察や爆撃といった従来の軍事利用にとどまらず、空中撮影や荷物の配送など、様々な分野への応用が検討されている。 ・ドローンで撮影し、クラウド...

総工費5500億円、敷地面積TDLの1.4倍!完成が近づいてきたアップル新本社「Apple Campus 2」を空撮したムービーが公開中

惜しまれながら2011年に死去し、MacやiPhoneなど様々な発明を残してこの世を去ったスティーブ・ジョブズ。 彼の最後の遺作ともいわれる、ドーナツ型をしたAppleの新本社「Apple Campus 2」の最新ムービ...

緻密なアルゴリズムと航空力学の賜物!飛行しながら絵を描くドローン「Flying Pantograph」

スピーカータイプや超小型タイプなど、次から次へと新しいものが出てくるドローン。発想次第で、活用範囲はまだまだ広がりそうだ。 今回ご紹介するドローンも、実にユニーク。MIT’s Fluid Interfaces Group...

危険なドローンを捕獲!射影距離100メートルのバズーカ型ディバイスが登場

国内では宅配実験などの取り組み以上に、落下事故や禁止区域での飛行といった出来事で注目を集めた小型無人機「ドローン」。昨年末には改正航空法が施行され、人口が集中地域の上空で飛行させる場合には許可が必要になった。 違法ドロー...

1 15 16 17 18 19

WHAT'S NEW

最新情報