海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

ドローン

ドローン


複数のドローンを空中で同時充電できるシステム、露企業が開発中

ドローンの飛行時間は短い。先日は2時間飛行できるドローン「US-1」を紹介したが、おおむね20〜30分というのが標準だろう。 バッテリーが少なくなってきたら着陸させて充電したり、予備のバッテリーに取り替えたり。そんなこと...

ボディにバッテリーがぎっしり! ドローン「US-1」は2時間飛行できる

空撮や上空からの調査に使われるドローンは、年々性能が高くなってきているが、共通する課題はフライト時間の改善だ。そこに挑んだのが米カリフォルニア州拠点のスタートアップ「Impossible Aerospace」。 バッテリ...

ソーラー電力を動力源とするエネルギー自立型ドローンがアジアで初めて開発される

シンガポール国立大学(NUS)の研究チームは、太陽光で発電したエネルギーのみを動力源とするエネルギー自立型ドローン(無人航空機・UAV)をアジアで初めて開発。 2018年8月、試作機を10メートルの高度で飛行させることに...

規制緩和を見据え瀬戸内海エリアでドローンの気象観測実験が開始

熊本地震の高速道路の復旧の際に活躍するなど、ドローンは各所で活用され始めているが、テロなどのリスクなどもあり、2018年8月現在多くの規制がかけられている。 近い将来、目視外の飛行も解禁に向かう動きもあり、香川県高松市に...

音声で撮影を操作できるドローン「Mantis Q」、499ドルで予約受け付け開始

コントローラーを手に持つのが当たり前のドローン操作に、音声操作機能を加えるというのは自然な流れかもしれない。 中国のドローンメーカーYaneecは、起動や離発着、写真・ビデオ撮影が音声で操作できるドローン「Mantis ...

ドローンが鳥の群れを追い払う!新たなバードストライク対策が開発される

米カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究チームは、2018年8月、鳥の群れを航空機から遠ざけることのできるドローン(無人航空機・UAV)専用アルゴリズム「m-waypointアルゴリズム」を開発。 韓国で実証実験...

空撮が手軽なドローン「Mystic」!被写体を認識して最適にフレーミング

ドローンによる空撮は手軽かつクオリティの高いものになってきている。 なかでも今回ご紹介する「Mystic」は、AIが撮影を補助。顔検出技術により所有者を認識したり、リアルタイムで作成する環境マップに基づいて飛行したりとい...

自撮り用小型ドローン「AirSelfie」、カメラ性能や飛行時間が向上したバージョンが登場

Techableでは以前、手のひらサイズの自撮り専用ドローン「AirSelfie」を紹介したが、それから1年半。カメラの性能や飛行時間などが大幅に向上した「AirSelfie 2」が発売された。 手のひらサイズで持ち運び...

東大開発のヘビ型ドローン、空中を這い障害物の隙間をすり抜ける!

ドローンの小型化が進み、屋内利用に焦点が当たっている。ドローンが障害物の多い屋内を飛ぶには、小回りや操作性の高さが要求される。 東京大学システム工学研究室(JSK)の開発する「DRAGON」と呼ばれるドローンは、自由自在...

極小ドローンが登場するかも?! MITが超小型ナビ用チップを開発

米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)が、わずか20平方ミリメートルのチップの開発に成功した。 ドローンなどの“脳”として活用できるチップで、これまでにない小ささのドローンやロボットの製造に役立てることができそうだ。 ...

1 2 3 4 5 7

WHAT'S NEW

最新情報