海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ディープラーニング

ディープラーニング


ミシガン大、蝶に超軽量センサーを載せて追跡!

ミシガン大学らの研究チームは、超軽量センサー「ミシガンマイクロモート(M3)」の最新版をテストしている。センサーは、渡りをすることで知られる蝶「オオカバマダラ」に取り付けられ、移動を追跡する。 ナショナルジオグラフィック...

映像に効果音を自動でつけてくれる機械学習アルゴリズム、「AutoFoley」が登場!

映画の中のバタンと扉が閉まる音なんかは、視聴者を映像の世界に引き込むうえでの重要な要素だ。映画制作で効果音をつけるフォーリーアーティストは、シーンに合った音を決定し、タイミングピッタリで映像に当て込んでいる。 大変な労力...

AIと共鳴素材で音から高解像度画像を再現! EPFLが開発のイメージング手法

疾患の検査などで用いるCTは、透過したX線から身体内部の画像を生成している。このように、電磁波や音波を分析することで、直接観察できないものをイメージングすることが可能だ。 イメージングでは、生成画像の解像度は波長の長さに...

「⿂体サイズ算出装置」特許取得! 泳ぐ魚に触れることなくサイズ測定が可能

近年、スマート水産業の社会実装に向けた取り組みが注目されるなか、株式会社アイエンターは水産養殖漁業者と提携し、ディープラーニングとステレオカメラの測量技術をかけ合わせた、⼿を触れずに⿂のサイズを推定する装置「⿂体サイズ算...

ディープラーニングにGPUではなくCPUを利用、コスト節約型のアルゴリズム「SLIDE」!

ディープラーニングでの、データとニューラルネットワークが大規模化していくにしたがって、トレーニングで利用するハードウェアにはスペックの高いものが求められる。 モデルのトレーニングに特化したGPUの利用がベストだとしても、...

ロボット「Shimon」は歌って踊って作詞作曲できる!ディープラーニングを使用

米ジョージア工科大学が、歌って踊って作詞作曲もできるロボット「Shimon」を開発した。ディープラーニングを使用し、表情豊かに演奏する。 ・ 歌って踊って作詞作曲できるロボット まずは、 ジョージア工科大学が公開した動画...

ディープラーニングで睡眠ステージの判定に成功! 数秒で専門医なみの分析

睡眠時無呼吸症候群の9割を占めるという閉そく性タイプ。東フィンランド大学のニュース記事によれば、その患者数は世界で最大10億人におよぶという。 また同記事によれば、この疾患は睡眠が浅くなるだけでなく、心血管疾患や糖尿病の...

レシピから買い物リストを生成してネットスーパーで注文できるAI搭載プラットフォーム

英国で2012年に創設された「Whisk(ウィスク)」は、レシピの保存・整理から買い物リストの作成、食材の調達までをシームレスにつなぐスマートフードプラットフォームだ。 2019年3月にサムスン電子のベンチャー投資会社S...

JINSの新店舗はテクノロジーが集結した次世代型店舗

株式会社JINSは、「渋谷PARCO」に、JINSの最新テクノロジーを結集した次世代型店舗「JINS渋谷パルコ店」をオープン。同店では、新たな購買体験を提案しており、眼鏡を掛けたままバーチャル試着できる「MEGANE o...

AI、ウェブマイニングなどの日本での第一人者 松尾豊氏、AnyMind Groupの技術アドバイザーに就任

東京大学大学院教授であり、日本ディープラーニング協会理事長、ソフトバンクグループなど複数の企業の取締役等も兼任している松尾豊氏はこのたび、テクノロジーソリューションカンパニーのAnyMind Groupと契約し、同社の技...

1 2 3

WHAT'S NEW

最新情報