海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ソフトロボット

ソフトロボット


ハーバード大、おもちゃにインスパイアされ高速でジャンプするソフトロボット開発!

裏返して置くと、元の形に戻るときの反発力でジャンプするポッパーというおもちゃがある。ハーバード大学ジョン・A・ポールソン工学・応用科学スクール(SEAS)の研究者らが、これにインスパイアされてソフトロボットを開発した。 ...

ノースカロライナ州立大、チーターが速く走る仕組みをソフトロボに実装!

狭いスペースでも活動できたり、モノを持ち上げたり、といった柔軟な性質からソフトロボットが注目されている。 ただ残念なことに、シャクトリ虫やイモ虫のように進むソフトロボットには移動速度の面でハンディがある。これにチーターの...

まさにタコの触手! ハーバード大学が吸盤付きのソフトロボットを開発

タコが器用なことをご存知だろうか。柔らかい触手を巻きつけたり、吸盤を使ったりしてものを掴むことができる。 そうしたタコの触手を模したロボットを、ハーバード大学の研究者らが開発した。本物さながら触手がなめらかに動き、ものを...

EPFLが人工筋肉で毎秒3cm進む虫型ロボット「DEAnsect」! ハエ叩きも効かない

ソフトロボットの小型化には目を見張るものがある。このほどスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームが開発した虫型ロボットは、ほんものの昆虫と見まがうほどのサイズだ。 将来的には、こうした虫型ソフトロボットの群...

800℃で燃やして作る折り紙ロボットは過酷な環境でも活躍する!

シンガポール国立大学(NUS)の研究チームが、耐火性や耐氷性を備えたタフで柔軟なロボット材料の製造プロセスを編み出した。この方法で製造されたソフトロボットは、従来より約60%も軽く仕上げられる。 プラチナと焼けた紙によっ...

ブリストル大学がナメクジの動きを再現したソフトロボ! ポケットに入れて持ち運べる

ソフトロボットは人工筋肉として、あるいは狭い場所での作業なんかでの活躍が期待されている。今回ブリストル大学の研究チームによって開発された「ElectroSkin」は、ナメクジやカタツムリからインスパイアされて開発に至った...

MITが温度で複雑に変化する3Dプリントシートを開発、平らなメッシュシートが人の顔に!

MITの研究チームが、環境の温度変化に応じて複雑に変形する構造を開発した。同技術は、OrigamiRobotのようなものよりも複雑な構造に変化し、どのような形にするかは事前に設計することが可能だ。 将来的には、状況によっ...

まばたきしてピントが合わせられるコンタクトレンズ!

ピント調整機能が落ちてきたとしても、コンタクトレンズがこれをカバーしてくれる時代がくるかもしれない。 ノースカロライナ州立大学の研究者らは、電気シグナルに応じて形を変えるソフトポリマーレンズを開発した。このレンズを目に装...

北京航空航天大学の研究チームが、空飛ぶイカロボットを開発

生物の持つユニークな機構にインスパイアされて開発されるプロダクトは多い。北京航空航天大学の研究チームが開発したロボットは、生物の「イカ」が備えるジェット機構を実装している。 ・空気を噴射して飛行 ある種のイカはウォーター...

クモの糸をロボットの筋肉に、MITの研究者がスパイダーシルクの新たな性質を発見

クモの糸の素材(スパイダーシルク)は軽くて強いことで知られ、近年では、湿度の変化に応じて突発的に収縮する「超収縮」といった性質も確認されている。 このような優れた性質から、人工的にスパイダーシルクを製造して産業利用しよう...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報