海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

スマート農業

スマート農業


スマート農業システムの開発を加速!ディーピーティーが岐阜県可児市に「AI-Lab」を開設

スマート農業システムを開発するディーピーティー株式会社(以下、ディーピーティー)は、岐阜県可児市にAIの研究棟および自社圃場となる「AI-Lab 可児研究所」を開設しました。 農作業において最適な判断をし、安価で活用でき...

腰の負担を軽減する「アシストスーツ」でいちご農家の労働時間を130時間削減!最新スマート農業はここまで進化した

ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、農作業の省力化・精密化や高品質生産を推進している新たな農業形態「スマート農業」が注目されている近年。 最近は、農作業時に腰の負担を軽減するアシストスーツや、AIを活用したデ...

追肥作業もドローンで。プレナス加須ファームで躍進するスマート農業

株式会社プレナスが管理する埼玉県加須市の「プレナス加須ファーム」で、ドローンを活用した追肥を開始しました。 ドローンが水田を上空から撮影し、生育具合の目安となる葉色の色むらを把握。その後、ドローンが必要な箇所へ重点的に肥...

農業にDXを! NTT西日本グループ、愛媛大学、青空株式会社が、農作物生産コントロールの実証実験

NTT西日本グループは、愛媛大学、青空株式会社とともにデジタルを活用した農作物生産管理の実証実験を開始しました。 廉価な汎用ドローンを使用して撮影した空撮画像から高精度な分析を実施。農作物の生産品質・収量を安定化させ、余...

農業の超高齢化に立ち向かう! 「人と一緒に働く」ロボットの活用で

世界一のスピードで「高齢社会」が進行する日本。そのなかでも危機に直面しているのは、全国の農家だ。「人と協働する」ロボットが、その解決策になるかもしれない。 東京貿易マシナリー株式会社(TBM)、山口県農林総合技術センター...

スマート農業事業を加速!「ゼロアグリ」を手がけるルートレックが資金調達を実施

AI潅水施肥ロボット「ゼロアグリ」を開発・販売する株式会社ルートレック・ネットワークス(以下、「ルートレック」)が、2.6億円の資金調達を実施した。 農業従事者を強力にサポート ルートレック独自のAI技術を活用した「ゼロ...

90種類の野菜を1年中栽培できるスマート装置「OGarden Smart」が画期的

新鮮な野菜や果物を食べると元気がでる。 美味しい野菜を自分でつくりたいと思ったことはないだろうか。また、野菜つくりに挑戦してみたものの、失敗してしまった経験はないだろうか。 そんな人に朗報だ。室内で野菜と果物を簡単に自動...

イギリスの小売グループが直営農場で農業用小型ロボットの実証実験に着手

英小売企業「John Lewis Partnership(ジョン・ルイス・パートナーシップ)」は、2018年12月、農業用ロボットの研究開発に取り組むスタートアップ企業「Small Robot Company(スモール・...

ほぼゼロ電力で長距離通信!ワシントン大学開発のセンサーシステムは医療や農業のスマート化を加速する

IoTやM2Mの社会実装に伴い、消費電力が低く長距離通信の可能な通信技術が求められている。 医療での患者のモニタリングやスマート農業などで、広域でのデータ取得が必要な場合、いまのところLPWA(Low Power Wid...

ソーラーパネルを組み込んだコンテナ型スマート農業ツール「Farm from a Box」

国際連合(UN)は、2016年時点で74億人と推計される世界人口が、2050年には97億人規模まで拡大すると予測。 将来の人口増加に備えて、国際連合食糧農業機関(FAO)では、世界全体の食料生産量を、2050年までに、2...

1

WHAT'S NEW

最新情報