海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

スマートシティ

スマートシティ


仮想通貨長者がネバダの砂漠にユートピア建設を計画!

ネバダ州の広大な土地を1億7000万ドル(約190億円)で買収したBlockchains LLCが、ユートピアの建設計画を進めている。 ネバダ州といえば、GoogleやApple、Teslaも工業団地を構えており、Blo...

自律走行型ポッドの試験走行に世界で初めて中東ドバイが着手

アラブ首長国連邦(UAE)を構成するドバイ首長国(Dubai)では、ドバイ交通局(RTA)と米カリフォルニア州のスタートアップ企業「NEXT Future Transportation」との提携のもと、世界で初めて、自律...

ビックデータ解析を活用したスマートシティ化でマスターカードとダブリン市が提携

マスターカードとダブリン市議会は、2017年11月、アイルランドの首都ダブリンにおけるスマートシティ推進プログラム「Smart Dublin(スマート・ダブリン)」の一環として、3年間にわたるイノベーションパートナーシッ...

ほぼゼロ電力で長距離通信!ワシントン大学開発のセンサーシステムは医療や農業のスマート化を加速する

IoTやM2Mの社会実装に伴い、消費電力が低く長距離通信の可能な通信技術が求められている。 医療での患者のモニタリングやスマート農業などで、広域でのデータ取得が必要な場合、いまのところLPWA(Low Power Wid...

米サンディエゴ市が世界最大級のIoTプラットフォーム構築でスマートシティ化を推進

IoT(モノのインターネット)の技術によりインフラやサービスを効率化し、地域住民の生活の質を高めながら環境に配慮した持続可能な都市づくりにつなげる“スマートシティ化”が世界各地で広がってきた。 なかでも、米カリフォルニア...

ソーラー電力でLEDを灯す自給自足型スマート街路灯「EnGoPLANET Smart Solar Street Lights」

情報通信技術や環境技術などを駆使して電力を有効に活用し、環境に配慮した都市づくりをすすめる”スマートシティ化”にともなって、街路灯も進化しはじめている。 米ニューヨークで2016年に創設された「E...

1

WHAT'S NEW

最新情報