海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

スマホアプリ

スマホアプリ

スマホゲームで使える銃型コントローラー「PP Mini Pro」が万能でカッコいい

12個のコマンド!スマホゲームで使える銃型コントローラー「PP Mini Pro」が万能でカッコいい スマホの性能が上がるのと合わせて確実に成長を遂げているのがスマホゲーム。どうせプレイするならコントローラーを使って快適...

スマホで撮影した写真を使って旅行記を自動生成するアプリ「journi」

楽しかった記憶をたどりながら、旅の足跡を画像やテキストで記録していくのも、旅行の醍醐味のひとつ。 2014年にオーストリアでリリースされた「Journi」は、画像とテキストを使って簡単に旅行記を作成できるスマホアプリとし...

1秒間の景色を動きとともに記録する、超ショートムービー撮影アプリ「Polaroid Swing」

1937年に創設された「ポラロイド(Polaroid)」は、撮影したその場で写真を見ることができるインスタントカメラの代名詞としても知られ、カメラの発展に大きく貢献したブランド。 そして、2016年7月、この代表的なカメ...

「歩きスマホ」による事故やトラブルを軽減する警告アプリ「Look Up」

スマートフォンの普及に伴い、多くの人々が行き交う道路などでスマートフォンの画面を見たり操作しながら移動する“歩きスマホ”の増加が、世界各地で問題となっている。 “歩きスマホ”は、視野が狭くなり、周囲の状況を感知しづらくな...

30分以内に宅配してくれるスマホ時代のコンビニサービス「GoPuff」は雨の日にも便利!

30分以内に宅配してくれるスマホ時代のコンビニ「GoPuff」 日本で生活する私たちにとってなじみ深く、とりわけ都市部では、生活インフラの一部としてすっかり定着しているコンビニエンスストア。 年中無休で長時間営業し、食料...

UberやLyftなどのオンデマンド配車サービス料金をリアルタイムで比較できるアプリ「urbanhail」

オンデマンド配車サービスの料金をリアルタイムで比較できるスマホアプリ「urbanhail」 代表的なオンデマンド配車サービス「Uber」は、都市別に利用動向をモニタリングし、利用者が多い時間帯には、基本料金に割り増し率を...

見切り品の特価情報をゲットできるスマホアプリ「OptiMiam」

フランスでは、大型スーパーを対象に、売れ残った食料の廃棄を禁止し、生活困窮者を支援する非営利団体やチャリティーへの寄付を義務づける法律が成立。 食料廃棄量を削減し、食料の有効活用を推進する、国家レベルの先進的な施策として...

美食の国イタリアから食材版Wikipediaのスマホアプリ「Flick on Food」が誕生

Wikipedia(ウィキペディア)は、インターネットを通じて、誰もが閲覧でき、新規の項目を投稿したり、既存のものを編集できる、インターネット百科事典。 2016年2月時点で291言語で展開され、2001年の創設以来、3...

定額制でサードウェーブコーヒーを楽しむことも可能!コーヒーファン向けアプリ「DripApp」

コーヒーは世界各地で日常的に摂取されている、私たちにとって身近な飲み物だ。 全日本コーヒー協会の統計によると、2013年に日本で消費されたコーヒーの量は、一人あたり3.51キログラム。 アフタヌーンティーなど、伝統的な紅...

食料廃棄物を削減しながらローカルビジネスを応援する、一石二鳥のアプリがロンドンで人気

地方で暮らす両親から届く新鮮な野菜・果物を、友人や仲間、近所の人たちで分け合うなど、“おすそわけ”は、日本にもなじみ深い習慣であり、シェアリングエコノミー(共有経済)の元祖ともいえる取引形態のひとつだ。 ・ロンドン発、お...

チャット感覚で翻訳家が返信!世界初の人力翻訳アプリが開発される

「WhatsApp」や「LINE」、「WeChat」など、チャットをベースとするオンラインサービスは、いまや電話やメールなどと並ぶ、主要なコミュニケーションツール。 会話をしているかのように、より簡単かつ気軽にメッセージ...

ドローンのための“空中ナビアプリ”がついにアメリカで誕生!

昨今、空撮や災害調査、農薬散布など、民間用途でも活躍の場が多様に広がっているドローン(無人航空機・UAV)。 amazon.comの「Amazon Prime Air」やGoogleの「Project Wing」など、商...

さらば、ぼっち飯!社内の人脈が広がる「ソーシャルランチアプリ」とは?

従業員数の多い会社に勤めていても、オフィスで身近に接するメンバーは、意外と限られているもの。 ランチタイムは、決まったメンバーでテーブルを囲むか、デスクでパソコンのモニターに向かいながら“ひとり飯”といった風景が、実は一...

食料廃棄削減に!消費期限が迫る商品の値引き情報をシェアするアプリがNYで人気

米国では、食料生産量の30〜40%に相当する食料が消費されないまま廃棄されているのが現状。 米農務省と環境保護庁は、2015年9月、米国政府として初めて「2030年までに米国内の食料廃棄量を50%削減する」という目標を掲...

1 2 3

WHAT'S NEW

最新情報