海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

スタンフォード大学

スタンフォード大学


新しい形のバッテリー?米大学が伸縮性のあるバッテリーを開発

スタンフォード大学の研究チームが、柔らかく伸縮性のあるバッテリーを開発した。このバッテリーを使用することによって、体に身につけたり、バッテリーを曲げたりする必要のある場面で、安全で快適に電源を提供することが可能になるとい...

データドリブン医療に兆し スタンフォードが「2020 ヘルス・トレンド・レポート」発表

医療費3兆ドルのアメリカでは、慢性疾患の病状管理にAIを導入するなど、データ活用で医療を効率化しようとの動きがある。GoogleやApple、IBMなどの大手テックがヘルスケア関連システム/サービスを積極的に展開している...

スタンフォード大、デロリアンを自動運転車に改造しドリフトを教え込む!

自動運転車は、日常的な走行を安全にこなすように設計されている。普段は安定性が重視されるべきだが、急にネコが飛び出してきたり、思いがけず地面が凍結していたりといった場面では、安定性を無視した運転が危機回避につながることもあ...

スタンフォード大が開発のデジタル網膜技術、ブレイン・マシン・インターフェイスでも活用できる!

視覚障害のある方が目に移植して視力を取り戻す「人工デジタル網膜」の開発は、ここ10年以上にわたって取り組まれている分野だ。 人工デジタル網膜の実用化までに、まだ課題が山積みだが、なかでもコンピューターチップが発する熱がや...

スタンフォード大学が肌に貼り付けて生体情報を収集できる「BodyNet」を開発

病状や健康状態などをモニターするとき、心拍や呼吸のチェックは基本だ。そのモニターがシールをはるだけでできるようになるかもしれない。 スタンフォード大学は、肌に貼り付けるタイプのバイタルサインモニター「BodyNet」を開...

VRでのサウンドエフェクトをよりリアルに !スタンフォード大が開発の新アルゴリズムは音生成を爆速化

映画では音源の方向感や距離感が伝わる立体的な音響が、シーンをリアルにしている。スピーカー間での音の移動やボリュームの調整を施すことによって実現する立体音響だが、VRではユーザーに対するオブジェクトの位置が一定でないため、...

廃水処理した水と海水を混ぜてエネルギーを生み出す手法を米スタンフォード大学が開発

米スタンフォード大学の研究チームは、2019年7月29日、廃水処理された水と海水を混合することによってエネルギーを生み出すための新たな手法を開発。 一連の研究成果は、アメリカ化学会(ACS)のオープンアクセス論文誌「AC...

自動でピントを調整してくれるスマートグラス! スタンフォード大が開発

上部が近視用、下部が老眼用にわかれた累進レンズは、一枚で近視も老眼もカバーできる。しかしどのような状況下でもカバーできるとは限らない。例えば、車の運転中はレンズに視点を合わせる一瞬の遅れが事故に繋がってしまうかもしれない...

米学生チームが4本足ロボット「Doggo」を開発、作り方をGitHubで公開中

米国スタンフォード大学でロボティックスを研究する学生チームがこのほど、4本足で歩行しジャンプもできるロボット「Doggo」を発表した。 最大の特徴は安価に製造できるという点。チームはDoggoのデザインをオープンソース化...

衛星画像からソーラーパネルの設置状況を解析する人工知能をスタンフォード大学が開発

米スタンフォード大学の研究チームは、2018年12月、アラスカ州とハワイ州を除く米国48州を対象に、ディープラーニング(深層学習)をベースとした独自のアルゴリズム「DeepSolar(ディープ・ソーラー)」で衛星画像を解...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報