海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ジョージア工科大学

ジョージア工科大学


ジョージア工科大は「プログラマブルな免疫」の開発を目指す!

近年の合成生物学の進展により、環境に応じて特定の反応をするよう生体の構成パーツ(生体材料)がプログラミングできるようになっている。これを応用することで、例えば免疫細胞をプログラミングして、細菌の量に応じた攻撃を促す……と...

米大学、配線なしで高速動作する折り紙ロボットを開発

ジョージア工科大学(ジョージアテック)とオハイオ州立大学の研究チームは、配線なしで制御可能なロボットシステムを開発した。 折り紙構造の展開を利用する同システムは、電源やコントローラーの制約を受けずに作動するため、医用デバ...

ロボット「Shimon」は歌って踊って作詞作曲できる!ディープラーニングを使用

米ジョージア工科大学が、歌って踊って作詞作曲もできるロボット「Shimon」を開発した。ディープラーニングを使用し、表情豊かに演奏する。 ・ 歌って踊って作詞作曲できるロボット まずは、 ジョージア工科大学が公開した動画...

貼り付けるだけで心拍や呼吸をモニターするワイヤレスデバイスを米大学が開発中

病院に入院したことのある人、持病を抱えている人なら、脈拍や呼吸などバイタルサインを継続的にモニターする装置をつけたことがあるかもしれない。 指先などに小型の機器を付け、それがコードで大きな装置につながっている、というタイ...

振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットを米大学が開発

いま、さまざまなロボットの開発が進んでいる。今回、アメリカのジョージア工科大学が開発したのは、振動で動く世界最小サイズの3Dプリントロボットだ。 ・振動を利用して動く3Dプリントロボット ジョージア工科大学は、圧電アクチ...

塩分摂取量をリアルタイムに把握できる口内デバイス、米国の大学が開発中

スーパーの陳列棚には減塩商品が少なくない。これは、塩分の過剰摂取を気にしている人が多いことの裏返しでもある。 実際、塩分の摂りすぎは健康によくないというのは常識だが、一方でどれくらい摂取したかを把握するのは簡単ではない。...

ピアノも弾ける義手「Skywaker Hand」、超音波とディープラーニングで指1本1本まで直感的に制御

ロボット制御できる義手の性能がどんどんよくなっている。従来多くの義手では、上腕や肩などの小さな筋肉の動きを直接感知する手法が取られてきたが、こうした手法では指1本1本を直感的に制御することは難しかった。 今回、ジョージア...

1

WHAT'S NEW

最新情報