海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

ケンブリッジ大学

ケンブリッジ大学


収穫の是非を自動で判断! レタスの収穫ロボット「Vegebot」を英ケンブリッジ大学が開発

英ケンブリッジ大学の研究チームは、2019年7月、アイスバーグレタスを自動で収穫するロボット「Vegebot(ベジボット)」を開発した。 研究成果をまとめた論文は、学術雑誌「The Journal of Field Ro...

ケンブリッジ大学が着て洗える“電池”を開発!布に織込む導電インク

私たちの生活に欠かせない電子機器。いま、より小さくてエコで便利な製品開発が進められている。 今回ケンブリッジ大学が発表したのは、布に織込める安価で安全な環境に優しい電池のようなデバイス、導電インクだ。 ・グラフェンインク...

ゲームで集中力が高まる!? ケンブリッジ大が開発した脳トレアプリ「Decoder」

ゲームをするだけで集中力が高められる、と聞くと大方の人は眉に唾を塗るだろう。しかし、英ケンブリッジ大学の研究者が開発したゲームアプリとわかれば、試してもいいかもと思うのではないだろうか。 実際、そうした脳トレゲームアプリ...

ジングルベルを演奏する3Dプリント製ロボティックアームをケンブリッジ大が開発

ロボットアームというと、やや大掛かりなモーターなどにつながって動くものが多い。 しかしケンブリッジ大学の研究チームが開発したものは、人間の手のように手首で動きをコントロールするというメカニカルなタイプ。なんと、ゆっくりな...

イギリスのノーフォーク警察、取り組むべき事案の選別にAIを活用

イギリス、ノーフォーク警察は、取り組むべき事案かどうかの判断にAIの活用を検討しているようだ。 ケンブリッジ大学との共同研究により、ノーフォークで発生した数千件の事件を分析して29のファクターを抽出。犯罪の解決可能性を導...

英スタートアップ「Wayve」が20分で運転を学習する自律走行車向け人工知能を開発

英ケンブリッジ大学の研究チームが創設したスタートアップ企業「Wayve(ウェイブ)」は、世界で初めて、人工知能(AI)の手法のひとつ「深層強化学習」を自律走行車に応用し、その成果を研究論文共有プラットフォーム「arXiv...

世界中どこでも水質検査が可能に!3Dプリンターで出力する安価な顕微鏡「OpenFlexure」

世界自然保護基金(WWF)によると、世界で24億人の人々が、十分な衛生状態でないため、コレラや腸チフスなどの水系感染症などのリスクにさらされている。 人々の生命や健康を保護するためにも飲用水の水質検査は不可欠だが、既存の...

1

WHAT'S NEW

最新情報