海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

クラウドソーシング

クラウドソーシング


木々をクラウドソーシングでマッピングする「TreesCount!」

米ニューヨーク市は、高層ビルがひしめき合う大都会。 公園として利用されている敷地面積は全体の約14%と限られているが、2007年から2015年までに100万本が植樹されるなど、緑化空間の拡充に注力してきた。 ・街路樹の情...

クラウドソーシングでバス停を精緻にマッピングした視覚障がい者のためのナビアプリ「BlindWays」

電車やバスをはじめとする公共交通機関は、通勤・通学や買い物、通院など、視覚障がい者の自立した日常生活における移動手段としても不可欠なもの。 「Googleマップ」などの地図アプリを使えば、目的地までのルートを瞬時に調べる...

児童が「スパイ」になって通学路の危険スポットを通報し合うマッピングツール「Traffic Agent」

児童や生徒が日常的に利用する通学路は、安全の確保と環境維持が不可欠だ。 そのためには、まず、交通量が多いエリアや見通しの悪いポイントなど、通学路の現状を、学校と保護者、そして行政機関が、くまなく把握することが必要だろう。...

家庭で水質検査が可能!スマホアプリと検査キットを組み合わせた「CitizenSpring」

水は、ヒトが生命を維持するために不可欠であり、水道水の衛生レベルや安全性は、ヒトの健康に重大な影響を及ぼす。 たとえば、高濃度の鉛で汚染された水道水を摂取すると、ヒトの脳や腎臓、神経系統などに害をもたらし、とりわけ、小さ...

バリアフリー対応のスポットを可視化!クラウドソーシング型オンラインマップ「Wheelmap」

世界保健機関(WHO)によると、車椅子利用者は、2008年時点で6億5000万人と、世界人口の約10%に相当する。 しかしながら、世界的には、段差を解消したり、車椅子利用者のためのトイレや駐車スペースを設置するなど、車椅...

衛星画像とクラウドソーシングを融合!エクアドル地震の救援・復旧支援プロジェクト

2016年4月16日、南米エクアドルで発生した大地震では、650人以上が死亡。沿岸部では建物が崩壊し、道路などのインフラも深刻な被害を受けている。 衛星画像とクラウドソーシングにより2015年ネパール地震で救援活動や復旧...

ドローンで撮影した画像をクラウドソーシングで解析する、次世代型の捜索支援ソリューション

遠隔操作や自動制御によって無人で飛行できるドローン(無人航空機・UAV)は、近年、偵察や爆撃といった従来の軍事利用にとどまらず、空中撮影や荷物の配送など、様々な分野への応用が検討されている。 ・ドローンで撮影し、クラウド...

サーフィンしながら海洋モニタリングできるフィン型センサーとは?

海洋環境の定期的なモニタリングは、地球温暖化の影響度を把握するためにも不可欠なもの。 しかしながら、沿岸海域は、浅すぎるうえ、砕波の影響により、観測機器を使った海水の測定が容易でない。 ・サーフィンしながら、海水の状態を...

チャット感覚で翻訳家が返信!世界初の人力翻訳アプリが開発される

「WhatsApp」や「LINE」、「WeChat」など、チャットをベースとするオンラインサービスは、いまや電話やメールなどと並ぶ、主要なコミュニケーションツール。 会話をしているかのように、より簡単かつ気軽にメッセージ...

世界中のドライバーから集めた”駐車場版Wikipedia”がとても便利

誰もが投稿や編集に参加できるWikipediaは、2001年の開設以来、インターネット上の百科事典として、確固たる地位を確立してきた。 そして、このWikipediaスタイルを駐車場に応用したのが、「Parkopedia...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報