海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

オーストラリア

オーストラリア


最大3kgを保持!タブレットを壁に貼り付ける粘着マット「Cling nanoMAT」

タブレットを壁にかけてみよう。突然そんなことを言われたら、まずどのような手段が考えられるだろうか。額縁みたいなケースを手に入れて、紐でぶら下げるという方法か。あるいは、強引にテープで貼りつけてしまうか。 オーストラリアの...

豪ブリスベン空港が国際空港として世界初となる仮想通貨決済サービスを導入へ

豪ブリスベン空港は、2018年1月24日、旅客ターミナル内のショップや飲食店を対象に、ビットコインなどの仮想通貨による決済サービスを開始すると発表した。 仮想通貨決済サービスを導入する世界初の国際空港として、話題となって...

太陽光でエコな列車旅行を!世界初のソーラーパワートレインがオーストラリアでスタート

1980年代後半から、さかんに研究開発されてきたソーラーカー。世界各地でレースが開催されるなど、注目を浴び続けてきたが、一般車としての販売は、未だに実現していない。 その夢を列車でかなえようというのが、このプロジェクトだ...

観葉植物のレイアウトをシミュレーションできるARを活用したスマホアプリ

「Plant Life Balance(プラント・ライフ・バランス)」は、AR(拡張現実)による観葉植物のバーチャルアプリ。 オーストラリアの園芸産業に特化した研究開発機関「Hort Innovation」により、iOS...

ブロックチェーンを活用した処方箋管理ソリューション「ScalaMed」

「ScalaMed(スケーラメッド)」は、ブロックチェーンを活用したセキュアでポータブルな次世代型処方箋管理ソリューションだ。 医師で起業家のTal Rapke(タル・ラプケ)氏を中心に、豪シドニーで開発がすすめられてい...

豪メルボルンで世界初のマイクロチップ型イベント入場券を試験導入

豪メルボルンで、このほど、2018年2月に開催される年次イベント「Pause Fest」の参加者10名を対象に、マイクロチップ型入場券の体内への埋め込みが試験的に実施された。 イベントの入場券をマイクロチップ化する試みと...

患部にペン先を当てるだけで骨量が増える魔法の3Dプリントペン

オーストラリアのウーロンゴン大学では、年齢とともにすり減った軟骨を切除し、人工関節を挿入する膝関節軟骨置換術に代わる、変形性膝関節症の新治療法が注目を集めている。 「バイオペン」と呼ばれる魔法のペンを損傷部位に当てるだけ...

Alexaのドローン版!? スマホで操作できるパーソナルアシスタント型ドローン「Orbs」

アマゾンのアレクサをはじめとするAIパーソナルアシスタントやドローンが市場を牽引していく未来が研究者らにより予想されている。 そんななか、オーストラリアのシドニーに拠点を置くスタートアップOrboticsによって提案され...

印刷機ですぐにプリントできる、薄くて軽いソーラ—パネルが誕生

一般家屋の屋根やビルの屋上などに設置されるソーラ—パネルの重さは、1平方メートルあたり10キログラムから20キログラム程度。 近年、軽量化がすすんでいるとはいえ、設置可能な場所は限られており、その運搬や設置には相応の労力...

急な雨も事前に通知してくれる、世界初のスマート洗濯バサミ「Peggy」が開発中

突然の雨で、外に干していた洗濯物を台無しにしてしまった経験は、ないだろうか。 日常生活に欠かせない洗濯を、ちょっと便利に、楽しくしてくれるガジェットが、世界初のスマート洗濯バサミ「Peggy(ペギー)」だ。 ユニリーバの...

1 2

WHAT'S NEW

最新情報