海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

オランダ

オランダ


あらゆる場所に建設できる、オープンソース型のモジュール式住宅「Petit Place」

「Petit Place(プチ・プレイス)」は、オランダの建築設計事務所「RoosRos Architects」を中心とする建築家、デザイナー、エンジニア、大工、建築資材メーカーらによって設計・開発されたオープンソース型...

厳選された高品質な食料品をスマホアプリで注文できる、オランダのネット専業スーパー

オランダの首都アムステルダムで2018年に創設された「Crisp(クリスプ)」は、スマホアプリのみを使ったユニークなネット専業スーパーだ。 同年11月、オランダ全土を対象に、生鮮食品や加工食品などの配送サービスを開始した...

窓で太陽光発電できる!オランダ発の太陽電池付きスマート窓「PowerWindow」

蘭デルフト工科大学から2014年に独立したスタートアップ企業「Physee(フィジー)」は、太陽光で発電できる透明かつ無色のスマート窓「PowerWindow(パワーウィンドウ)」を開発。 2017年6月、アイントホーフ...

ブロックチェーンを活用し、PB商品のサプライチェーンを透明化した蘭企業

オランダ最大級のスーパーマーケットチェーン「アルバート・ハイン(Albert Heijn)」は、2018年9月、清涼飲料水を専門とする充填事業者「Refresco」との提携のもと、プライベートブランド(PB)のオレンジジ...

今流行りのシェアリングエコノミーの最終形態!ご近所さんとの貸し借りがアプリを使ってできる「Peerby」がアツい

シェアリングエコノミーという言葉を知っているだろうか?これは個人がモノを購入、使用、消費するという従来の経済モデルとは違い、個人や企業の持つ資産を貸し借りすることで成り立たせている最近注目の経済モデルである。 オランダの...

再生プラスチック製の自転車専用道路が世界で初めてオランダで設置される

オランダ東部の都市ズヴォレ (Zwolle) において、2018年9月、再生プラスチックを主な素材とする自転車専用道路「PlasticRoad」が世界で初めて設置された。 蘭大手建設会社「フォルケル・ウェッセルス(Vol...

世界初の海洋自動清掃システムが太平洋でプラスチック廃棄物の回収作業に着手

2013年に創設されたオランダの財団「The Ocean Cleanup Foundation(オーシャン・クリーンアップ基金)」は、およそ5年間にわたる開発期間を経て、2018年9月、海洋に流出したプラスチック廃棄物を...

ユーロからビットコインに交換できる専用ATMが欧州で初めてオランダの空港に登場

蘭アムステルダム・スキポール空港は、2018年6月、旅先で使い切れずに残ってしまったユーロを仮想通貨のビットコインまたはイーサリアムと交換できる専用端末「Bitcoin ATM(ビットコイン・ATM)」を欧州で初めて試験...

ルノーの電気商用車「Renault MASTER ZE」が欧州で初めてオランダ郵便に採用

PostNL(オランダ郵便)は、2018年5月31日、欧州で初めて、仏自動車メーカーのルノー(Renault)が製造する電気商用車「Renault MASTER ZE(ルノー・マスターZE)」を2台購入し、ユトレヒトとレ...

3Dプリンター4台を6か月間使い完成させたメタルブリッジがオランダ市内に登場

雑貨や家具のみならず、最近は住宅までその汎用性を広げている3Dプリント。その威力は、公共の建築物にもおよんでいる。オランダでは、完全3Dプリントによるステンレス構造の橋が話題に。プロジェクト開始から、約3年の歳月をかけて...

1 2 3

WHAT'S NEW

最新情報