海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

エコ

エコ

持運び簡単!折畳み式キャンプファイヤー・バーベキューセット「Fire Safe」は超極小

もうすぐ夏休み、キャンプを計画している人も多いだろう。キャンプのときに、火を囲んで友人と星空を眺めたり、話をしたりすると、ほんわかした暖かい気持ちになる。 しかし、地面で直接火をたくと跡が残り、元の状態に戻すのは難しい。...

地下鉄トンネルの熱を都市の冷暖房に利用! スイスの大学が提案するエコな街づくり

地下鉄駅の階段の近くで、下からのぼってくる暖かい空気や冷たい空気を感じたことはないだろうか。スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)研究チームは、この地下鉄内の熱と余熱を、都市の冷暖房に利用することを提案する。 ・地下...

窓に掛けるだけで充電できる!デザイナーソーラーパネル「Window Solar Charger」がオシャレ

あなたはエコに生活しているだろうか。今回、持続可能な生活への第一歩となる製品が登場した。 窓に掛けるだけで充電できる、デザイナーソーラーパネル「Window Solar Charger」だ。 ・持続可能な生活をラクに実現...

昆虫ベースのミルク「ENTOMILK」が原料のアイスクリームはエコで栄養価抜群!

地球の人口は、今後30年間で約20億人増加すると予測されている。そして、都市化もますます進んでいくなかで、都市における食糧確保は私たちが直面する大きな課題だ。 この課題解決に向けて、南アフリカに本拠を置くGourmet ...

最高時速40㎞!電動ファミリーカーゴバイク「Bogbi Cargo Bike」で子供と快適エコ移動

街中をグリーンに快適に、家族みんなで移動したいと思う人は多いだろう。 今回登場したのは、子供と一緒にエコ移動できる電動ファミリーカーゴバイク「Bogbi Cargo Bike」だ。 ・子供がいる家族や、エコに健康的に生活...

幼虫が原料!エコなドッグフード「Yora Dog Food」 は消化と栄養価抜群

あなたの犬は毎日なにを食べているだろう。 いま世界に5億匹いるペットの猫や犬は、毎年230億トンの肉を消費しており、地球温暖化や資源の減少が懸念されるなか、ペットフードが環境に与える影響は小さくはない。 そこで今回発売さ...

エコで超頑丈!屋内外どこでも楽しめるハンモック「Hammock Throne」

ハンモックに揺られながら空を眺めるのは気持ちがいい。毎日、ハンモックの上で過ごせたら素敵だ。 こんな私たちの願いをかなえてくれる、屋内外どこでも楽しめるハンモック「Hammock Throne」が登場した。 ・どこでも楽...

ケンブリッジ大学が着て洗える“電池”を開発!布に織込む導電インク

私たちの生活に欠かせない電子機器。いま、より小さくてエコで便利な製品開発が進められている。 今回ケンブリッジ大学が発表したのは、布に織込める安価で安全な環境に優しい電池のようなデバイス、導電インクだ。 ・グラフェンインク...

材料の80%がリサイクルプラスチック。エコ電気自動車「BiròO 2」が画期的

いま、都市の新しいモビリティ構築を目指し、さまざまな取組みが行われている。 今回、ミラノのデザインスタジオMandalaki Studioが、Estrima Birò 社と ミラノのアートギャラリーRossana Orl...

生分解可能な紙製エコクーラーボックス「RECOOL」は34kg収納可能!

キャンプやバーベキューのときに欠かせないクーラーボックス。安価で軽い発泡スチロール製のものを使用している人もいるだろう。 しかし、発泡スチロールは生分解できずリサイクルが難しいため、海外では発泡スチロール容器を禁止する自...

1秒で折畳める電動スクーターXCAPEは持運び超簡単!最高時速は25km

いま、クリーンな移動手段の実現に向けて、電気自動車や電動スクーターの開発が急ピッチで行われている。 そして今回、ドイツのLoft Mode Café Galerie Handels社が販売を開始したのが、片手で1秒で折畳...

熱を吸収して放出する透明な木材をスウェーデンの大学が開発。未来のエコ建築材料に

世界の経済発展とともにエネルギー消費量は急増しており、その多くは建物照明や冷暖房に使用されている。 ガラス窓は光を透過させて部屋を明るく暖かくするが、日没後のためのエネルギーは蓄えない。 そこで今回、スウェーデン王立工科...

1分で99.999%自ら殺菌洗浄する水筒「The Luma Bottle」は再利用できてエコ!

あなたは、どのくらいの頻度でペットボトル飲料を買っているだろうか。 世界全体では1秒で2万本のペットボトルが使用されているという。そして、そのほとんどはリサイクルされずに海に流れ着き、海洋汚染を引き起こしている。 また、...

1か月に5キロ分の野菜を収穫!家で簡単にエコに野菜をつくる装置「THE AEVA」が登場

新鮮な野菜は毎日のビタミン剤だ。私たちの目と体に元気をくれる。 でも、野菜を自分でつくるのは、ちょっと面倒という人におすすめの装置が登場した。野菜を家で簡単にエコにつくる装置「THE AEVA」だ。 ・持続可能性、新鮮な...

1 2 3

WHAT'S NEW

最新情報