海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

インタビュー

インタビュー


「農業のイメージを変えたい」農業ロボットから新しい農業の未来を考える

私たちが当たり前に毎日食べている作物は「誰がどのように作っているのか」また「誰がどのような思いで取り組んでいるものなのか」など意外と知らないことが多くあります。 また、身近に農業をしている人がいないと、農家さんと直接お話...

Webサイトは“育てる”もの! ノーコードで分析や仮説検証ができる「KARTE Blocks」

テクノロジーの進化やさまざまなツールの登場により、Webサイトを立ち上げるハードルは年々低くなってきています。また、コロナ禍でユーザーと企業のオンライン上での関係がより重視されるようになり、自社サイトの運用に対するニーズ...

葬儀業界が直面する「コストダウンだけでは生き残れない現実」、打開に向けた第一歩はエンディング市場のDX

高齢化が進み死者数も増加する中、葬儀市場はここ数年成長産業と見られてきました。これまで葬儀ビジネスを行っていなかった企業の市場参入も目立ち始める一方で、参列者の高齢化、ご遺族の小規模葬儀志向の拡大、コロナ禍の深刻化に伴い...

自律航行船で目指す、離島課題の解決とその先にある「海の自由」

「海に囲まれた離島での生活」と聞くと、あなたはどのようなイメージを持ちますか。 「自然に囲まれて、ゆっくりと時間が流れている」「解放感があってのんびりと暮らしている」そんな、ストレスフリーな暮らしを想像されるのではないで...

10月1日、外国人観光客向けビジネスに激震が走る? 「免税販売手続電子化」の影響とは

コロナ禍で観光業が打撃を受けるなか、外国人観光客向けのビジネスに大きな変化が迫っています。10月1日の免税販売手続の電子化です。 9月30日までは紙書類による免税販売が可能ですが、それ以降は仮に免税販売許可を得ている事業...

時代が忘れかけている音楽の価値とは? 音楽SNS「Chooning」が提案する視聴体験の在り方

いまや音楽は「ストリーミング」が当たり前。 便利になった反面、浮かび上がる新たな課題と向き合って音楽との接し方を再提案する企業があります。音楽SNS「Chooning」を運営するチューニング株式会社です。 「Chooni...

バーチャルオフィスの枠を飛び出し未来へ向かう「oVice」という空間

新型コロナウイルスが流行し始めて1年半近くが経ち、テレワークに慣れつつあるものの、コミュニケーションにちょっとした不便を感じたり、移動の制限を感じたりし、ポストコロナがやってくる日を待ち望んでいる人も多いでしょう。 「コ...

フィンランド発バーチャルスタジオZOANのCEOミッカ・ロゼンダール氏が語る「バーチャル空間の使い方」

フィンランド発のバーチャルスタジオ、ZOAN。北欧で注目を集める同社は、首都ヘルシンキのデジタル・ツイン「バーチャル・ヘルシンキ」を創り上げました。 コロナ禍の2020年には、フィンランドで最も人気のあるラップバンド、J...

「SNSに疲れた」けど「出会いがほしい」。つながらないSNS「FLAPTALK」がつくる新しい”つながり”

新型コロナウイルスの影響によってリアルでの出会いは少なくなっており、SNSやマッチングアプリを出会いの場として活用しているユーザーは少なくありません。 その一方で「SNS疲れ」「マッチング疲れ」という言葉を耳にするように...

生産性向上とナレッジ経営定着を促進する社内版知恵袋「Qast」

コロナ禍によるテレワークの増加により、オンライン会議やチャットといったツールによるコミュニケーションが一般的になりました。 しかしこれらのツールを使って円滑にコミュニケーションを取るためには、相手の都合に合わせなくてはな...

1 2 3 4 5 50

WHAT'S NEW

最新情報