海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

イスラエル

イスラエル


イスラエルOasis Security、新たなセキュリティ防御線の構築に挑む

ユーザー名やドメイン名、メールアドレス、パスワード、個人データを狙ったIDベースの攻撃の脅威が増加を続けている。従来型のセキュリティ対策はこれらHI(Human Identity:人間の認証)に関する脆弱性対策に焦点をあ...

“空飛ぶ果実収穫ロボット”開発。Tevel、農業人材の不足解消を目指す

近年、農業における人手不足が世界的に深刻である。国連食糧農業機関(FAO)の推定によると、農業従事者の人数は2000年から2021年にかけて約17%減少したという。 例えば米国の農業市場は100万人以上の外国人労働者に依...

イスラエル発「MyOr」、AIアルゴリズム活用で乳幼児の食物アレルギーを早期予防

食物アレルギーへの関心は世界中で年々高まっている。米国の市場調査レポートプロバイダーFuture Market Insights社(FMI)によると、食物アレルギー関連の世界市場は2023年に398億3000万ドルと評価...

化学薬品なし、熱処理でミツバチの寄生虫を駆除。ロボット×AIの人工巣箱「BeeHome 4」

米国では、150億ドル相当の農作物の受粉をサポートする“自然の労働者”として、ミツバチが一目置かれている。米国農務省によると、世界の種子植物(顕花植物)の80%以上は、繁殖するために花粉媒介者を必要としているという。 花...

誰もが食べられるグルテンを開発。スタートアップUkko、食品アレルギーの予防へ

食物アレルギーへの関心は、世界中で年々高まっている。米国の市場調査レポートプロバイダー・Future Market Insightsによると、食物アレルギーの世界市場の評価額は、2023年に398億3,000万米ドルに達...

AIアシスタント市場伸長、イスラエルWinn.AIのマーケティング戦術

企業にとって営業担当者の業務負荷軽減は、いつの時代もどんな国・地域でも重要な課題である。会議のたびに議事録作成に追われ、既存顧客へのフォロー・管理に大幅な時間を割かれ、新規ビジネスを考える暇も無い…営業担当者はこうした経...

酵母ベースのプロテイン「ProteVin」開発、人口増による世界のたんぱく質需要へ一手

世界的な人口の急増により、将来的にたんぱく質が不足するといわれており、持続可能なたんぱく質供給は世界が取り組むべき課題になっている。プロテインというと肉や魚など動物性の食材を想像しがちだが、プロテインには動物性、植物性な...

海藻から作るプラスチック代替品。完全バイオベースかつ生分解性のPHBVポリマーをBioticが開発

近年プラスチックによる環境汚染が地球上の生物に深刻な問題を引き起こす中、イスラエルのスタートアップBiotic Circular Technologies(以下、Biotic)がその解決に挑んでいる。同社は、完全バイオベ...

少ない水で大幅に収穫量を増やす、イスラエル発のAI点滴灌漑「Agrinoze」

近年は食糧危機、環境負荷の増大、異常気象の発生など、人口増加に伴う深刻な課題が山積している。2019年の77億人から、2050年には97億人への人口増加が見込まれており、限られた水や肥料などの資源から作物収量を最大限に高...

Torq、AI主導ハイパーオートメーションでサイバーセキュリティ最前線を疾走

スタートアップ大国として知られるイスラエルも、2023年は資金調達の困難に直面した。2022年に始まった世界的不況と、それに伴う金融引き締めの動向に抗えなかったのだ。2023年のスタートアップ投資額は前年に比べて半分に激...

1 2 3 4 5 6

WHAT'S NEW

最新情報