海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

アフリカ

アフリカ


アフリカ企業と顧客の“言語の壁”を打ち破る、Botlhale AIの多言語チャットボット

昨今、OpenAI社のChatGPTをはじめとしたLLM(Large Language Model:大規模言語モデル)とその応用である生成系AIがより身近な存在として、世界中で活用されている。使ってみた人の中には、自分の...

南ア輸送業界の風雲児、わずか3年で急成長したTripplo

2023年10月、物流ソフトウェアプラットフォームを提供するTripploは、180万米ドルという多額の株式投資を確保することに成功し、南アフリカで大きな話題を呼んだ(参考)。 ヨハネスブルグに本拠を置く同社は運送業者、...

南アの“食”を支える新しいECプラットフォーム「Yebo Fresh」が目指す未来

Yebo Freshは2018年に起業したばかりのeコマース(EC)プラットフォームである。南アフリカにおいて、プラットフォームビジネスは2014年以降急速に普及しているが、同社も注目されるビジネスモデルの一つだ。 ただ...

組込型保険でアフリカ市場を活性化、南ア発Inclusive Solutionsのデジタル保険

近年、アフリカ保険市場では参入企業が続々と登場しており、盛り上がりを見せている。グローバル市場調査会社・IMARCのレポートによると、アフリカの保険市場規模は2023年に874億米ドルに達したという。さらに2032年には...

“VPP(仮想発電所)”がアフリカ経済発展の鍵に?Asobaがアフリカの送配電網改革に挑む

世界的な脱炭素の潮流から、太陽光をはじめとした再生可能エネルギーの推進が叫ばれてから久しい。日本でも2012年より固定価格買取制度(FIT制度)の施行以来、大規模な太陽光発電所や風力発電所が至るところに建設されているニュ...

インフレ率上昇続くナイジェリア、Edtech「uLesson」料金半額で家計負担に寄り添う

ナイジェリア、ケニア、エジプト、南アフリカ共和国はいわゆる「ビッグ4」とも呼ばれ、ビジネス領域でも特に注目されている。2023年はこの4か国がアフリカ大陸へのスタートアップ投資額の約87%を占めた。 一方、ナイジェリアは...

ガーナの「中間業者問題」解決に取り組むサプライチェーン改良スタートアップAgrocenta

西アフリカは世界有数の農業地帯である。しかし、それは必ずしも現地の農家が“豊か”であることを意味しない。 日本でもよく知られているガーナ産カカオは、近年ではフェアトレード化が進行しているとはいえ「中間業者問題」を完全解決...

【アフリカスタートアップ投資の注目業界:Vol.3】大量輸送システムに電気バス導入の機運高まる

本稿は、アフリカビジネスパートナーズによる寄稿記事である。同社は、ケニアや南アフリカに現地法人を持ち、アフリカ40か国で新規事業立ち上げやスタートアップ投資に関する支援を提供している。現地のビジネス最前線を知る同社独自の...

ソーシャル×保険=社会保険?共助目指す南アのP2Pインシュアテック「Pineapple」

アフリカ保険市場の盛り上がりが続いている。IMARCの予測によると、2023年に874億ドルに達した同市場は2024年から2032年の間にCAGR6.3%で成長し2032年までに1539億ドルに達するとのこと。 マーケッ...

南ア発インシュアテックNaked Insuranceはなぜ業界で注目されるのか

サハラ以南のアフリカ全域で台頭著しいインシュアテック分野。保守的な保険業界の伝統的構造に挑むことで競争環境を変革し、新たなテクノロジーによって保険へのアクセシビリティを改善している。 なかでも南アフリカのヨハネスブルグを...

1 2 3 4

WHAT'S NEW

最新情報