海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech

Tech

“持つ強さ”で濃さを調節できるタブレット用ペン「YuFu」

タブレットはタッチスクリーン操作がわかりやすく、子どもでも扱えるデバイスで、今や身近な存在になっている。そんなタブレットを「スケッチブック代わりに使いたい」と思うなら、「YuFu」が役立ってくれそうだ。 メタリックなペン...

クラウドを使わずにデータ共有を可能にするガジェット「Transporter Sync」

大量のデータを保存したり、そうしたデータを誰かと共有、あるいは自身の複数の端末で使用したりする必要がある人の多くがDropboxのようなクラウドサービスを利用しているのではないだろうか。 大量データが簡単に同期・シェアで...

夜間撮影用スマホ取り付けレンズ「Snooperscope」 ワイヤレスで映像送信

スマートフォンのカメラの性能は年々良くなってきているが、それでもやはり夜間など暗いシーンでの撮影は限界がある。だがこのほど登場したスマホ取り付け型のレンズ「Snooperscope」を使うと、スマホを使って暗視撮影ができ...

古いスピーカーをBluetooth対応に変えてくれるガジェット「ROCKI」

スマートフォンに入っている音楽を室内で聞くのに、Bluetoothスピーカーは便利だ。再生や選曲などをスマホで操作できるというメリットがあり、スマホの浸透に伴い新製品が次々に販売されている。 しかしこのほど登場した「RO...

フル充電後に通電が自動オフになる節電ガジェット「Powerslayer」登場

スマートフォンやタブレット端末などのバッテリーの消耗は早い。外出から戻るとバッテリー残量が少なくなっていて、オフィスにいる間や自宅で就寝中などに充電することが多いのではないだろうか。 おそらく多くの人が経験しているだろう...

子どもの居場所を追跡できるスマートウォッチ 緊急時はワンプッシュで親に架電

最近の子どもを取り巻く環境を見て、防犯のために携帯電話を持たせるか、あるいはインターネットに不用意にアクセスできる不安もあるため、年齢的にまだ早すぎるかなど、頭を悩ませている親もいるだろう。それならスマートウォッチ「Fi...

食べ過ぎが気になる女性必見! 過食行為をモニターするブラジャー

ストレスを感じるとつい、いつもより食べ過ぎてしまう……ということはないだろうか。最近の研究で、アメリカ国民の過半数が、ストレスがあるときに過食してしまい、結果、食べ過ぎて体重が増え、それがまたストレスとなる、という悪循環...

家電をリモート操作できるようになるスマートプラグ リアルタイムで使用電力も検知

東日本大震災の影響で、ここ数年、国内の電力会社では電気料金の値上げが実施されている。家計を圧迫する電気料金を賢く切り詰めたいと思っている人には、「Smart Power Strip」のようなツールが役立ってくれそうだ。 ...

置くだけで撮影できるビデオカメラ「Quebee」 即座にアプリで視聴可能

スマートフォンやデジタルビデオカメラで手軽に撮影できる時代だが、その場にいる皆が映る動画を撮るとなると、カメラのセットやタイマー設定、リモコン操作などちょっとした手間がかかる。そこで、もっと手軽に集合ビデオを撮影できるよ...

煙やガスを感知するとサイレンと共に、スマホに警報を送るスマート探知器「birdi」

家電や家具、ドアロックなど家庭内は急速にIT化されてきているが、このほど米国で登場したのはWi-Fiにつなげて利用するスマート煙探知器「birdi」だ。従来のタイプと同じように煙やガスを探知したらサイレンや光で警報を出す...

障害者が車椅子を操作する画期的な技術が開発中 従来比3倍の速度で動作可能に

人間は脊髄を大きく損傷すると、体に麻痺が起こることがある。特に四肢麻痺の人にとって、車椅子で移動するのは大きな苦労を伴う。そんな人々の助けになろうと開発中の技術が、“舌で車椅子を動かすシステム”である。Georgia I...

ニューヨーク発人気ダイエットアプリ『NoomダイエットコーチPro』にグループ機能導入

モバイル・フィットネス分野をリードする米国テクノロジー会社のNoom。今日、Android版『NoomダイエットコーチPro版』の新機能として『グループ機能』の日本リリースを開始した。 これは今年5月に本国アメリカで先行...

ジェスチャーで操作するスマート照明「Goldee」 不在時に在宅を装う機能も

近頃、スマートフォンで電灯や家電を操作する、ホームオートメーションのテクノロジーをよく目にするようになった。ただ、スマートフォンやタブレットを肌身離さず持ち歩いている人にとっては非常に有効かもしれないが、そのような習慣が...

ボールペンで書くだけ!伝導性インクで電気回路がつくれる「Circuit Scribe」 ワイヤーも不要

子どもの頃、理科の実験で初めて豆電球に触れたとき、ワクワクした記憶はないだろうか。電池を配置してワイヤーを結びつけ、電気回路を構成して、スイッチをオンしたときに電球がつく面白さは、ちょっとした発見と感動だったろう。ただ、...

1 778 779 780 781 782 798

WHAT'S NEW

最新情報