海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech

Tech

壁紙をARでチェック!インテリア好きにはたまらないアプリ「ROOM COSME」

インテリアや雑貨のショップとして若い女性を中心に人気を誇るFrancfrancが、AR技術を活用した壁紙シミュレーションアプリ「ROOM COSME」の提供を開始。壁紙変更後の部屋の雰囲気を、AR技術を使い気軽にシミュレ...

食材をアプリで管理し、レシピまで提案してくれるスマートプレート「FoodBuddy」

数日分の食材を大量に買い込むも食べきれず、もしくは忘れてしまい、食材を無駄にしてしまった経験をもつ人は多いはず。また、既にもっているにもかかわらず、同じ食材を買ってしまうというケースはどうだろう? こうした食材や食費の無...

タクシー会社が本気で考えた!吹くだけでタクシーを呼べる笛「タクシーホイッスル」

巷ではUberやLyftなどの個人配車サービスが盛り上がりを見せているが、タクシー業界も負けてはいられない。横浜を中心に神奈川、東京、埼玉エリアでタクシーサービスを運営している三和交通が斬新なプロジェクトをMakuake...

大人も楽しい!魚が目の前に現れるARアプリ「AR TOUR ~OCEAN~」

教育の分野でも活用例が増えつつあるAR(拡張現実)技術。「AR TOUR ~OCEAN~」もそんなAR技術を取り入れた教育系ARアプリだ。現実世界に魚たちを表示させることができ、形や大きさに加え動きまで再現。図鑑では味わ...

電動キックスクーターで快適ライドシェア、黒光りするタフボディの「Bird Zero」

オリンピックを前にして日本でも都心部を中心に広がり始めているライドシェア。ちょい乗り用途では低料金で利用できて乗り捨てできるバイクシェアが圧倒的に便利だろう。 一方アメリカでは電動キックスクーターのシェアリングサービスが...

ASUSのハイエンドなゲーミングスマホ「ROG」は899ドルから

近年、ゲーム仕様となっているゲーミングスマホが増えてきている。裏を返せば、ゲームファンが多く、需要が見込めることを表している。 この分野にASUSも参画する。同社は、ハイエンドなゲーミングスマホ「ROG」のプレオーダーを...

“あとで読む”の「Pocket」、読み上げ機能とレイアウト向上でさらに使いやすく

この記事あとでゆっくり読みたい。そんなシーンで活躍するアプリ「Pocket」。2007年のリリース以来、世界中で愛用されているが、このほど大幅にバージョンアップした。 記事を読み上げる機能では音声がより人間らしく自然なも...

トラックに踏まれても大丈夫!トランシーバー機能搭載のタフネススマホ「Ulefone Armor 3T」

スマートフォンは持ち運びを前提にした製品である。そしてそこが、必ずしも清潔で安全な室内とは限らない。泥まみれの工事現場にスマホを持っていく場合もあるだろう。 「Ulefone Armor 3T(以下Armor 3T)」は...

MacにiPadのセカンドスクリーンをプラス! アダプター「Luna Display」が発売

昨年、クラウドファンディングKickstarterで人気を博した「Luna Display」を覚えているだろうか。もし覚えているとしたら、あなたはきっとApple製品、MacとiPadの愛用者だろう。 Luna Disp...

人間工学に基づいたグリップ採用のNintendo Switch保護ケース「Aixmeet」

Nintendo Switch専用の保護ケースは、既に多数販売されている。だが中には脱着式コントローラーの設計に適合せず、2人でのプレイの度にケースを外さなければいけないことも。それでは何のためのケースか分からない。 「...

電波が届かない場所での通信を可能にする、スマホ用トランシーバー「PowerTalkie」

広大な自然の最中をトレッキングする際、怖いのは携帯電話の電波が届かないことだ。オフライン環境下で別行動の仲間と連絡を取るとしたら、どのような方法が考えられるだろうか。 アンテナが1本でも立てばそれに越したことはないが、そ...

秋葉原発!創作活動を効率化させるクリエイター向けジョイスティック「Orbital 2」

作画デバイスでタッチペンを使ってイラストを書く時、またはPCに複雑なプログラムを打ち込む時。そこに必ず「キーボードを打つ煩わしさ」がある。 そうでなくとも、右利きのイラストレーターがタッチペンとマウスをその都度持ち帰ると...

コペンハーゲンで試験導入!街の洪水を防ぎ、通りを緑化するソリューション「Klimaflisen」

記録的な暴風雨、度重なる台風。今年起った数々の水害は、全国各地にかつてないほど、膨大な犠牲をもたらした。しかも、これは日本国内だけの問題ではない。世界中が同じ危機に直面し、どうしたら解決できるか、頭を悩ませている状況だ。...

アメリカがハンドルのない車の公道での走行を認める!レベル4の自動運転を国家レベルで促進

アメリカや中国、ドイツ、そして日本が国策として力を入れている自動運転領域。技術開発で先行し、いちはやくマーケットシェアを拡げておきたいところだが、それにはルールの整備がネックとなる。 安全性を担保したうえで、どこまで規制...

1 2 3 4 5 6 404

WHAT'S NEW

最新情報