海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

STORY 「競争をやめて共創することにしました」SDGsクラウドソーシング『フリーランスワーカー.jp』〜事業再構築補助金にて新規事業立ち上げへ〜

Story

「競争をやめて共創することにしました」SDGsクラウドソーシング『フリーランスワーカー.jp』〜事業再構築補助金にて新規事業立ち上げへ〜

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスワーカー.jpを開発した経緯

株式会社乙栄商会では2013年10月に設立しました。

主な事業は企業の販売促進やWEBコンテンツの制作です。

2015年頃からは、優秀なフリーランスの事業者と業務委託を交わし、弊社が受注した業務をフリーランスに発注する、という機会が増えてきました。


設立当初は訪問取材と原稿作成・出張撮影・プロの演奏家による生演奏が評判が良く、人と積極的に会いに行くことによってニッチな事業で順調に収益を伸ばしていました。


しかし、コロナで在宅ワークが一般的となり、弊社の労働環境が大きく変化しました。

売上は前年対比で95%減なんて月もありました。

会社の現金はみるみるうちに無くなっていたので危機的状況だったんですが、「ピンチはチャンス」だと思って、2020年の春頃は「何かないか?何かないか?」とチャンスを探し続けていました。


コロナ禍で人気が高まったクラウドソーシングやスキルシェア

コロナの影響で在宅ワークの機会が増えて『仕事を発注したい人と受注したいフリーランスがマッチングするサイト』の需要が高くなりました。

弊社はフリーランス達と仕事をする機会が多かったので、クラウドソーシングやスキルシェアを使ってみた感想や雑談が、話題になることが増えました。


「もう少し手数料が安いと良いんだけどね」という意見も聞く一方で「コロナ禍でも仕事ができて本当に良かった」と満足している方もいました。

また、「ビジネスが加速していくと対面する必要も増えてくるので、サイト上で完結するのみだとスモールビジネスしか見込めない」というような具合で生のユーザーの声が参考になりました。


このような意見が全てマッチするようなクラウドソーシングがあるといいなぁ〜という発想が『フリーランスワーカー.jp』を開発するきっかけでした。



SDGsをテーマにしたクラウドソーシング

コロナ・物価高・ウクライナ戦争...時代は混沌としている中で、今は何が起こってもおかしくありません。

そんな中で生活する上でまずユーザーが満足する収益を確保する必要があります。

だから販売手数料を無料にして、使いやすくてユーザーにメリットがあるシステムが必要だなと思いました。


クラウドソーシング・スキルシェア市場は成熟してるので、その中でユーザーがメリットを感じるようにするのはいままでにない強烈なユーザー満足が必要だなと。

満足したら自由に支払う『カンパ』

まずはユーザーが元気に仕事をしてお金を得る循環を作る。

そして、仕事を得ることができたら少しだけで構わないので『カンパ』という形で手数料代わりに任意で支払う、という料金システムにしました。


『カンパ』は漫画 ドラゴンボールの『元気玉』という必殺技からヒントを得ました。

沢山の人から少しづつの元気を集めて、1つの技を繰り出すという大技です。

ドラゴンボールでは「私は元気をわけない」というような人もいるし、「ちょっと元気を分けてみようかな」という人もいます。


それって多様性なんじゃない?と、ふと 思ったのです。


そんな色んなユーザーの多様性を全て受け入れたら満足度が上がるんじゃないかな?と思いつきました。


SDGsが若い世代にも受け入れられてる今だからこそ、『カンパ』は多くのユーザーの心に響くんではないだろうか?と期待しています。

多様性を全て受け入れた時にできる『元気玉』は果たしてどんな形になるんだろう?と思い、個人的な好奇心が止められなかったんです。

『競争をやめて共創するクラウドソーシング』を目指す

私自身、コロナ禍を経験して価値観が大きく変わりました。


格差が生まれやすくなってるし、孤独を感じる人が増えているのではないか?と日々思うようになりました。


例えば、マラソンで私が我武者羅に走って1番になることはできても、スタートラインで座り込んでしまうような人もいるだろうなと。

孤立・孤独を少しでも緩和できるような事業になれば良いなという思いで、こども食堂や障がいを持つ子を応援するNPO団体にカンパの一部を寄付することにしました。


『カンパによって元気を集める・元気を分ける』

その行動が結果として こども達の未来を創る


そんなことができるサイトは素敵だなと。

自分が使いたいと思えるプラットフォームを作れたと思っています。


サイト構築の資金は事業再構築補助金を利用

当事業は令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成しました。

かなり思い切った事業だと思いますが、こういうチャレンジを応援してくれた政府の政策には非常に感謝しております。



『フリーランスワーカー.jp』は共感の数だけ共創が生まれるプラットフォームです。

2022年秋頃リリース予定。

2022年5月26日より事前登録受付中。


詳しくは株式会社乙栄商会のHPにてご確認ください。



【公式WEBページ事前登録受付中】

https://otoei.co.jp/freelance-worker/


【公式ツイッター】※フォローで事前登録完了

https://twitter.com/Freelanceworkjp


【公式LINE@】※フォローで事前登録完了

https://lin.ee/wJ2VmMi


※『フリーランスワーカー.jp』は株式会社乙栄商会の登録商標です。

(登録番号 第6517582号)

※当事業は令和2年度第3次補正 事業再構築補助金により作成しております。




行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

WHAT'S NEW

最新情報