海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Googleの新AIツールは放射線医師よりも肺がんを正確に診断

Tech

Googleの新AIツールは放射線医師よりも肺がんを正確に診断

Googleは近年、医療分野での人工知能(AI)の活用に取り組んでいて、すでに目の病気の診断などのツールを開発している。それに続く取り組みとしてこのほど、肺がん診断におけるAI活用の研究結果を発表した。 このAIツールで...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleは近年、医療分野での人工知能(AI)の活用に取り組んでいて、すでに目の病気の診断などのツールを開発している。それに続く取り組みとしてこのほど、肺がん診断におけるAI活用の研究結果を発表した。

このAIツールでの肺がん診断の精度は放射線医師よりも高く、人の目ではとらえるのが難しいわずかな腫瘍も検知できるという。

・プレ腫瘍の組織も検知


通常、放射線医師はCTスキャンから何百もの画像を見て診断する。わずかな異変を見抜けるかどうかというのは経験に頼る部分が大きく、しかしいくら熟練した医師でも見抜くのが難しいケースは多々ある。

Googleは、医師の目と同じように腫瘍を見つけ出す“目”としての機能にAIを活用し、微小の腫瘍や、腫瘍化しそうな組織を検知できるように訓練した。

・医師より誤診率低く


このツールの性能テストとして、Googleは4万5856枚の肺CT画像をツールにかけ、さらには同じものを放射線医師6人のチームにも診断してもらった。

その結果、GoogleのAIツールは医師チームよりもがんのケースを5%多く検知でき、その一方で誤診率は医師チームより11%低かったという。

このAIツールのすごいところは、組織の悪性腫瘍化を予測できるところだろう。また、以前撮ったCTと比較して、疑いのある組織の成長率も分析する。

当然のことながら、悪性腫瘍や、悪性化が予測される組織を早期発見することで、いち早い治療につながる。このツールは今後さらなる臨床研究を行う必要があるとのことだが、早期の実用化が待たれる。

Google

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報