海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 世界初の人工知能を活用したウィスキーが2019年秋にいよいよ発売へ

Enterprise

世界初の人工知能を活用したウィスキーが2019年秋にいよいよ発売へ

スウェーデンのウイスキー蒸溜所Mackmyra(マックミラ)は、Microsoft(マイクロソフト)やフィンランドのコンサルティングファームFourkindとの提携のもと、世界で初めて人工知能(AI)を活用したウィスキー...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スウェーデンのウイスキー蒸溜所Mackmyra(マックミラ)は、Microsoft(マイクロソフト)やフィンランドのコンサルティングファームFourkindとの提携のもと、世界で初めて人工知能(AI)を活用したウィスキーの開発に成功した。

・人工知能が7000万件以上のウイスキーレシピを自動生成

ウイスキーは、原料となる麦芽や酵母の種類、蒸溜方法、樽の材質や大きさ、貯蔵場所や貯蔵年数など、様々な要素を組み合わせることで、複雑な反応が起こり、多種多様に生成されるのが特徴だ。

Mackmyraでは、「Microsoft Azure」のクラウドプラットフォームと認知サービスAPIを使って、Fourkindが開発した独自の機械学習アルゴリズムにウイスキーのレシピや売上データ、消費者の嗜好などのデータを与え、学習させた。

その結果、このアルゴリズムは、7000万件以上のレシピを自動生成したほか、Mackmyraで在庫されている樽をベースに、最も品質が高く、人気を集めそうなウイスキーのレシピを予測することにも成功している。

・2019年秋、世界初のAIウイスキー発売へ

Mackmyraは、人気度や品質の面から確度の高いウイスキーのレシピを人工知能に自動生成させる一方、人の感覚が不可欠な工程を経験や知識の豊富な職人に担わせる、いわば人間と人工知能とのコラボレーションによる新しいウイスキーづくりを志向している。

Mackmyraでは、いよいよ2019年9月に世界初の“AIウイスキー”を発売する見通しだ。(文 松岡由希子)

Mackmyra
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報