海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 通勤にも使える?! 時速60キロで公道を走行できる電動三輪車「Kintone Trike」

Start Up

通勤にも使える?! 時速60キロで公道を走行できる電動三輪車「Kintone Trike」

普通免許で公道を走行することができるという、“大人向け三輪車”の「Kintone Trike」がクラウドファンディングサイトMakuakeで人気を集めている。 バイクのようだがミニカーという区分で、時速60キロで走ること...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
普通免許で公道を走行することができるという、“大人向け三輪車”の「Kintone Trike」がクラウドファンディングサイトMakuakeで人気を集めている。

バイクのようだがミニカーという区分で、時速60キロで走ることができる。そして電気で走るので燃料費はかからず、車検なども不要。斬新で経済的な新モビリティだ。

・ヘルメット着用義務なし

Kintone Trikeは、太いタイヤを前部に1つ、後部に2つ備えたたくましい三輪車。バイクに比べて幅がある分、安定した走りになり、バイク未経験者でもすぐに乗れそうだ。

バイクのようだが、実はKintone Trikeはミニカー登録を行って普通免許で運転可能。ヘルメット着用義務はなく、法定最高速度は時速60キロという。高速などは乗れないが、日常の「ちょっとそこまで」「職場まで」というシーンでは大いに活躍しそうだ。

・航続距離は40キロ

しかもKintone Trikeは電動。家庭用の100Vコンセントにつなげてバッテリーを充電でき、フル充電(要5時間)で40キロの走行が可能だ。

東京〜横浜間が30キロ弱なので、片道はいける計算。フル充電にかかる電気代は25円ほどと、電車より通勤費を抑えられる。

もちろん電動ということでエミッションフリー。環境にもお財布にも優しい乗り物といえそうだ。

Makuakeでは現在、21万8000円(税込)の支援で入手することができる。すでに1300万円を超える支援が集まり、7月29日までキャンペーンを展開したのち、今年9月末にも配送される見込み。

かなり斬新なデザインなので、走行すれば注目を集めること間違いなし。目立ちたい人には特にうってつけだ。

Kintone Trike/Makuake
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報