海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 手ぶれなし、フロントモニター付きの4Kアクションカメラ「Osmo Action」来月発売

Tech

手ぶれなし、フロントモニター付きの4Kアクションカメラ「Osmo Action」来月発売

かつて、アクションカメラといえばGoProの独断場だった。しかし今では、さまざまなメーカーが工夫を凝らした製品を展開していて、しかも機能は格段に上がっている。 そして今回、GoProにとってはかなり手強いライバルになりそ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
かつて、アクションカメラといえばGoProの独断場だった。しかし今では、さまざまなメーカーが工夫を凝らした製品を展開していて、しかも機能は格段に上がっている。

そして今回、GoProにとってはかなり手強いライバルになりそうなものが出てきた。DJIの「Osmo Action」だ。小型で、手ぶれなしの4Kが録れて、しかもリアとフロントにモニターを搭載している。

・コスパは抜群


主な機能や仕様の詳細は下に案内するが、結論を先に言うとGoProの最新フラッグシップモデルHERO 7 Blackにまったく劣らず、むしろ「上をいっている」と思わせるポイントもある。

となれば消費者にとって気になるのは価格。Osmo Actionは4万4820円(税込)。一方のHERO 7 Blackは5万3460円(現在Amazonでは4万9800円)。Osmo Action の方が安く、それゆえにGoProにとっては「強敵」なのだ。

・ビデオブロガー向け!?


最大の違いはOsmo Actionにはフロントモニターを搭載している点。自撮り棒などを使っての撮影時に映像をチェックできるのは便利だ。特にビデオブロガーは重宝するだろう。

カメラでもちろん大事なのは映像の質だが、Osmo Actionでは4K HDRが撮れる。安定化機能も搭載しているので手ぶれなし。そのほか、撮影モードはスローモーションやタイムラプスなどを用意。マニュアル撮影で120秒まで露出できるので夜空の撮影もできる。

・水中で自撮りも


またアクションカメラとして活躍の場も広い。水深11メートルまでの防水性能を備え、スキーやスノーボードなどはもちろん、シュノーケリングなどのマリンスポーツにも使える。

パワーボタンをオンにすると2秒以内に撮影ができる機能を使えば録り逃しをなくすことができ、手が使えないときはボイスコマンド(英語・中国語)で撮影できるなど、“かゆいところで手がとどく”的な機能が満載だ。

開発元のDJIは言わずと知れたドローンメーカー。カメラを搭載したドローンはもちろん、最近はジンバルも展開するなど、撮影に関する技術は培っていて、それが集結したのが今回のOsmo Actionだろう。

さまざなま活用シーンがサイトに紹介されているので、気になる人はチェック!

Osmo Action

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報