海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 気候変動による海面上昇を防止!?MITがモルディブの組織と共同で砂州を自己成長させる実験を開始

Tech

気候変動による海面上昇を防止!?MITがモルディブの組織と共同で砂州を自己成長させる実験を開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
尋常ではない災害が続く昨今。世界の人口の約40パーセントが沿岸地域に住むと言われ、人々は浸食や上昇する水位の上昇、暴風雨の脅威にさらされている。この問題に着目したのがMIT。深刻な状況を打破するため、特別なプロジェクトを立ち上げた。

・波の力を利用して人工的に砂を堆積

Growing Islandsと名付けたこのプロジェクトは、MIT のSelf-Assembly Labとやモルディブの研究者グループInvenaの共同作業によるもの。気候変動が原因で起こる海岸侵食と海面上昇の防止対策をテーマに研究を、長きにわたり続けている。

その結果、思いついたのが“自己成長する砂州”。波のエネルギーを利用して意図した場所に砂を堆積させる水中構造システムで、砂が十分に積もると新しい島に成長したり、既存のビーチを再構築することも可能だ。季節の変化や嵐の方向に合わせてデバイスを適切に配置し、継続的に砂の地形を作り直す。自然の力による破壊を逆手に取る作戦だ。

・2月にフィールド実験を開始

2月にチームはモルディブで最初の野外テストを決行。3×3メートルの構造物を複数、海中に沈めている。2019年第4四半期に第2次フィールド実験を検討中。2020年には砂の蓄積を分析するためにデータを収集する予定だ。

これはMITが手がける中でも、特に気の長いプロジェクトになりそうだ。今日明日すぐに結果が出るわけではなく、繰り返しのフィールド実験と膨大なデータを必要とする。今はまだ最初の段階。実現するまでおそらく何年もかかるだろうが、成功すれば多くの人々の命をすくうことができる。今後の展開に期待したい。

Growing islands/MIT Self-Assembly Lab
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報