海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech イーロン・マスクが今月打ち上げ予定のインターネット衛星を披露!60基の人工衛星がリンク

Tech

イーロン・マスクが今月打ち上げ予定のインターネット衛星を披露!60基の人工衛星がリンク

SpaceXは世界中の僻地にも届く衛星インターネットの提供を計画している。5月15日にはケープカナベラルからデモ用衛星ユニットの打ち上げを予定していて、同社CEOのイーロン・マスクがこれに関してツイート。掲載された写真か...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
SpaceXは世界中の僻地にも届く衛星インターネットの提供を計画している。5月15日にはケープカナベラルからデモ用衛星ユニットの打ち上げを予定していて、同社CEOのイーロン・マスクがこれに関してツイート。掲載された写真からは、Falcon 9ロケットのノーズコーン(先端部)に搭載された機体が見て取れる。

2017年の発表によれば、800基の衛星をリンクさせることで商用インターネットサービスの提供が可能となり、2020年~2021年のあいだにこれを実現するとしている。

・地球低軌道を周回



衛星インターネットでは、地球低軌道を周回する人工衛星がビームフォーミングにより地上の隅々にまでインターネットを提供する。

OneWebやAmazonなどの競合も着々と準備を進めており、数年後には低軌道にネット用衛星がひしめき合うことになるだろう。

SpaceXは、2グループの衛星群を低軌道で飛ばすことへの承認を、連邦通信委員会(FCC)から得ている。ただし同承認は、同社が今後6年以内に衛星の半数を打ち上げることが条件となる。

・最終的には1万2000基を打ち上げる計画

60基からなる最初のグループは、設計の最終段階にいたっていないデモ仕様のもので、地上との通信はできても互いに通信することができないようだ。

イーロン・マスクも、最初の打ち上げではうまくいかない部分も多いだろうと予測していて、今回の状況を見て、今年さらに2~6回の打ち上げをおこなっていくという。

SpaceXは昨年2月、すでに2基のテスト機を打ち上げ済み。最終的には約1万2000基もの衛星によりインターネットシステムを構築する計画だ。

参照元:Elon Musk shows off SpaceX’s 60 internet-beaming satellites packed together for launch/TheVerge
SpaceX to launch “dozens” of Starlink satellites May 15, more Starlink launches to follow/SpaceNews
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報