海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 自動運転の建設機械「Built Robotics」で建設業界の生産性を向上!

Tech

自動運転の建設機械「Built Robotics」で建設業界の生産性を向上!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
いま、さまざまな分野で自動化が進められている。しかし、建設業界においては自動化が遅れているのが現状だ。

アメリカの民間シンクタンクMcKinsey Global Institutのレポートによると、建設業界の労働生産性は1970年以来50%減少しており、現在、建物は40年前と比べて2倍の費用がかかるという。これは、昔と同じ道具と方法を使って行っているためだ。

そこで現在、アメリカに本拠を置くBuilt Robotics社がこの問題を解決すべく、自動運転の建設機械を製造している。

・自動運転のブルドーザー、ショベルカー、スキッドステアローダー

Built Robotics社が製造しているのは、自動運転のブルドーザー、ショベルカー、スキッドステアローダーだ。

当社は既製のセンサーや機器を使って、機械が自動で動くようにソフトウェアを開発している。センサーは人や動物、他の車両を感知し、ロボットの動きは指定作業ゾーンに限定されている。

そして、100%の安全性を保証するために多層安全システムを装備し、すでに6000時間の自動運転を遂行し、その安全記録も保存している。安全監視員はいつでも遠隔操作で車両を停止できる。

・需要が供給を上回る建設業界

いま、建設業界の生産性は低下しているが、建設需要はかつてないほど高くなっている。インフラの維持や再構築が必須だが、需要が供給を上回るため、住宅コストが急上昇して新築住宅が不足しているという問題もある。

また、各仕事に見合う資格のある人も不足しており、多くの請負業者が採用に苦労している。

建設業界の需要に応えるべく、Built Robotics社が製造している自動運転の建設機械。今後の展開が注目される。

Built Robotics
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報