海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ヘルシーで美味しい丼メニューを冷凍で宅配する定期購入サービス「Mosaic Foods」

Start Up

ヘルシーで美味しい丼メニューを冷凍で宅配する定期購入サービス「Mosaic Foods」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米ニューヨークのスタートアップ企業「Mosaic Foods(モザイク・フーズ)」は、2019年5月、ヘルシーで美味しい丼(ボウル)メニューを冷凍で宅配する新たな定期購入サービスを開始した。

ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンD.C.など、アメリカ北東部を対象エリアとして展開している。

・冷凍食品を活用した新しい定期購入サービス

冷凍食品は、調理の時間短縮といった利便性にとどまらず、食材の鮮度や栄養価を損なうことなく長期間保存でき、食料廃棄量の削減にもつながるのが利点だ。

市場調査会社のGrand View Researchによると、米国の冷凍食品市場は2015年時点で約520億ドル(約5兆7600億円)規模にのぼる。

「Mosaic Foods」では、ヘルシーで美味しい食事を簡便に摂る手段として冷凍食品に着目し、人工添加物を一切使用せず、専用キッチンで品質の高い新鮮な食材から丁寧に調理したメニューを冷凍加工し、家庭に直接届けるサービスを考案した。

6種類のベジタリアン向け丼メニューを取り揃え、1食あたりの価格はサイズや配達頻度に応じて8.99ドル(約995円)から12.49ドル(約1382円)で設定。

家庭の冷凍庫で3ヶ月保存でき、電子レンジで温めるだけでいつでも美味しく食べられる。

・ヘルシーで美味しい食を届ける定期購入サービスの広がり

米国では、「Blue Apron」に代表される食材宅配サービスのほか、調理済みのメニューを宅配してくれる「Freshly」、スムージーに特化した「Daily Harvest」など、美味しくヘルシーな食事を家庭で楽しめる定期購入サービスが多様に増えてきた。

「Mosaic Foods」は、冷凍食品と定期購入サービスを組み合わせた、今までにありそうでなかった新たなフードサービスとして注目されている。(文 松岡由希子)

Mosaic Foods
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報