海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up Lyftが買い物弱者を食料品店まで送迎する「Grocery Access Program」を北米16都市で展開

Start Up

Lyftが買い物弱者を食料品店まで送迎する「Grocery Access Program」を北米16都市で展開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンデマンド型配車サービスLyft(リフト)は、地元に食料品店がなく、生鮮食品などの食料を入手しづらい地域に居住する低所得者や高齢者を対象として、割安な料金で食料品店まで送迎するサービス「Grocery Access Program」を実施している。

・食品スーパーへの送迎サービスを北米16都市で展開

「Grocery Access Program」の初の実証実験として、非営利団体「Martha's Table」との提携のもと、ワシントンD.C.の7区および8区に居住する15万人を対象に、ワシントンD.C.南東部にある食品スーパー「Giant」や「Safeway」への送迎サービスを2019年1月から開始。

利用料金は、相乗りサービスの場合、片道一律2.50ドル(約277円)で設定されている。

Lyftでは、2019年3月、アトランタでも「Grocery Access Program」を開始したのに続き、同年4月には、ロサンゼルス、シカゴ、トロントなど、北米14都市を対象エリアに追加することを発表した。

今後、「Grocery Access Program」の対象エリアをさらに拡大させていく方針だ。

・オンデマンド型配車サービスを活用し、食へのアクセスを万人に担保

米農務省によると、米国では、約2350万人が、食品スーパーや食料品店から1マイル(1.6キロメートル)以上離れた低所得地域に居住し、新鮮で健康によい食材を入手しづらい環境に置かれている。

Lyftの「Grocery Access Program」は、オンデマンド型の移動手段を安価に提供することで、いわゆる「買い物弱者」にも食へのアクセスを広く担保しようとしている。(文 松岡由希子)

Lyft
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報