海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ロボットが栽培・収穫した野菜が店頭に! 米Iron Oxが出荷を開始

Tech

ロボットが栽培・収穫した野菜が店頭に! 米Iron Oxが出荷を開始

農業は多くの労働を伴うものだが、機械などの導入で昔に比べるとはるかに効率的に行えるようになっている。それでも、管理や収穫などではやはり人による作業が主流だ。 それを覆すのが、米国のスタートアップIron Oxの取り組み。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
農業は多くの労働を伴うものだが、機械などの導入で昔に比べるとはるかに効率的に行えるようになっている。それでも、管理や収穫などではやはり人による作業が主流だ。

それを覆すのが、米国のスタートアップIron Oxの取り組み。植え替えnなどの栽培管理、そして収穫までロボットやシステムで行うというもので、その屋内自立型ファームで栽培された野菜がこのほど初出荷された。

・3種類を育成

このファームは昨年10月にカリフォルニア州に開設されたばかり。今回バジル、ベビーレタス、ソレルの3種類が育成され、ファームからほど近い小さな店舗の店頭に並んだ。

店舗はローカルで採れたものやオーガニック食材を専門に扱う店で、Iron Oxの野菜も「ローカル&オーガニック」として並んだ。価格は周辺のスーパーで売られているものより若干高めとのこと。

・消費地近くで栽培

Iron Oxのファームの特徴は、ロボットアームで植え替えをし、ソフトウェアで生育状況をモニターして収穫のタイミングなども自動で判断するなど、最先端テックをフル活用していること。基本的に水耕栽培で、効率的に栽培して従来の手法よりも収穫量を増やせるのも売りだ。

ただ、現在のところ、まだこのシステムで栽培するよりも人手を使って栽培した方がトータルのコストは安く抑えられるのだという。その一方で、メリットとしてはファーム周辺で販売するのでオーガニックで育てたものをフレッシュな状態を提供できる。

大きな視点でとらえると、消費地近くでの栽培は長距離輸送する必要がないので、環境にも優しい。

Iron Oxは今後さらに栽培の種類を広げ、供給量や出荷先を増やしたい考えだ。

Iron Ox
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報