海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up シェアハウスのその先へ!超ミニマリストのための居住サービス「PodShare」に注目

Start Up

シェアハウスのその先へ!超ミニマリストのための居住サービス「PodShare」に注目

都心の家賃は高い。特に社会人になったばかりの若者には負担が大きすぎる。そこで登場したのがシェアハウスだ。街中にも関わらず家賃は格安、家具や家電も完備。何より身一つで暮らせる自由がそこにある。 ・生活に必要なものをすべて備...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
都心の家賃は高い。特に社会人になったばかりの若者には負担が大きすぎる。そこで登場したのがシェアハウスだ。街中にも関わらず家賃は格安、家具や家電も完備。何より身一つで暮らせる自由がそこにある。

・生活に必要なものをすべて備えた超ミニマム空間

アメリカの大都市ロサンゼルスでは、さらに一歩先行くサービスが大人気。超ミニマムな空間を大勢で共有する「PodShare」が話題となっている。供給住宅は市内全域に200件以上存在し、ハリウッドやウェストウッドなど利便性の高いエリアでも1泊50ドル(約5600円)で利用できる。

Pod(ポッド)とはもともと、ツーリスト向けのミニマルスペースのこと。ツインまたはクイーンサイズのベッドが敷き詰めてあるだけという簡素な空間だ。少しぜいたくなものだと、ベッドをデスクに変換できたり、スーツケース用のクローゼットを備えているところもある。いずれもNetflix、Huluの視聴が可能。個人用コンセント、LEDナイトライトと低反発マットレス、22インチのフラットスクリーンテレビも完備されている。キッチンとバスルームは共用だが、朝食用の食品やタオル、アメニティもちゃんと用意されている。

・自由で優雅なボヘミアンライフ

現在の会員数は約5万人。観光客はもちろん、デザイナーや映画関係者など仕事のために連泊するユーザーも数多くいる。利用の仕方は簡単。サイトにアクセスして好きなエリアから住宅を探すだけ。空いていればすぐに予約できる。

一つの場所に留まらず、流浪の民のように生きる。そんな“ボヘミアンライフ”が全世界的なトレンドとなりつつある。ただし、自由には責任がつきもの。危険と隣り合わせであることも十分理解した上で利用するべし。

PodShare
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報