海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 海水に浸かっても壊れず! 海で失くしたApple Watch、6カ月後に持ち主の元に

Mobile

海水に浸かっても壊れず! 海で失くしたApple Watch、6カ月後に持ち主の元に

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Apple Watchは耐水性能を備えているが、防水性能はない」とAppleはうたっている。しかし、実際はかなり防水性能に近いようだ。

米国カリフォルニアの海で失くしたApple Watchが半年ぶりに持ち主の元に戻り、しかもWatchは正常に動いているというニュースが地元で話題となっている。

・紛失モードに

カリフォルニア州に住むRobert Bainterさんは昨年、ハンティントン・ビーチでボディサーフィンを楽しんでいた。Bainterさんはサーフィン時にApple Watchを身につけ、スピードや位置情報などを確認するのに使用する。

Apple Watchを失くしたその日も手首につけていた。そして、大きな波がやってきて、波乗りを楽しんだ後にふと手首をみるとApple Watchがなくなっていることに気づいた。

Bainterさんにとって幸運のチャームのような存在だったというWatchをしばらく探し回ったが見つからず、Bainterさんは「Find My iPhone」アプリでWatchを紛失モードにした。

・見知らぬ人からメッセージ

Watchの位置情報を確認できないなど手がかりはなく、すっかりあきらめていたBainterさんだったが、紛失してから半年ほどたったある日、スマホに見知らぬ番号から着信があった。

残されていたメッセージはこうだった。「もしあなたの名前がRobert Bainterで、最近Apple Watchを失くしたのなら、電話をください」。

電話の主はBainterさんがWatchを失くした場所から北に4.8キロほど離れたところで貝拾いをしているときにWatchを見つけたのだという。紛失モードになっていたことから、Bainterさんの電話番号が表示され、電話がかかってきたというわけだった。

BainterさんにとってApple Watchが戻ってきたことだけでも大きな驚きだったが、さらにサプライズがあった。なんと、Watchが正常に機能したのだ。地元のテレビ局のインタビューに「スクリーンが部分的に見にくくなっているが、きちんと動く」と話している。

Apple製品の大ファンというBainterさんは実は新しいApple Watchを購入していたが、新しいWatchは奥さんにあげて、現在は戻ってきたWatchを再び愛用しているという。

Source:KTLA
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報