海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 不動産検索サイトの「Zillow」、仲介業者が物件3Dツアーを作成できるアプリをリリース

Tech

不動産検索サイトの「Zillow」、仲介業者が物件3Dツアーを作成できるアプリをリリース

家探しをする人のほとんどが、インターネットで不動産情報サイトをチェックするだろう。エリアや価格、間取りなどの条件で絞り込んで表示された物件リストの中から気になるものを一つずつみていく人も多いのでは。 物件チェックをよりリ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
家探しをする人のほとんどが、インターネットで不動産情報サイトをチェックするだろう。エリアや価格、間取りなどの条件で絞り込んで表示された物件リストの中から気になるものを一つずつみていく人も多いのでは。

物件チェックをよりリアルな体験にできるよう、米国の不動産検索サイト「Zillow」は、仲介業者が物件の3Dツアーを作成できるiOSアプリ「3D Home App」の提供を開始した。

・写真を撮るだけ

このアプリでは、仲介業者がiPhoneで物件のパノラマ写真を撮ると、サーバーで写真がつなぎ合わされ、3Dツアーに仕上げられる。特殊な機材やノウハウは不要で、作成された3Dツアーはサイトにアップする物件紹介に加えられる。

そして物件を探している人は、画面を指でコントロールしながら自分の見たい方向や細部をチェックできる。つまり“バーチャル内覧会”が体験できるわけだ。

操作はGoogleのストリートビューとほぼ同じなので、初めて使う人でも簡単に利用できる。

・自分の視点で内見

物件によっては内部を紹介するビデオが付いていたりするが、3Dツアーは視点を閲覧者が自分でコントロールできるのがメリット。部屋の配置や大きさなどもよりリアルに分かりそうだ。

3D Home Appの利用は、米国とカナダの物件が対象となっている。両国とも大きな国だけに、気になる物件がすぐに閲覧できるところにあるとは限らず、バーチャル内見は必須のツールだろう。

日本でもこうしたサービスのニーズはありそうだ。

Zillow
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報