海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech オフィスに欲しい!? マイクロソフト、50インチの「Surface Hub 2S」を6月発売

Tech

オフィスに欲しい!? マイクロソフト、50インチの「Surface Hub 2S」を6月発売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクロソフトは17日、米国ニューヨークで開いたプレス向けイベントで、Windows 10を搭載する大画面の端末「Surface Hub 2S」を6月に米国で発売すると発表した。

また、Surface Hub 2の85インチモデルを手がけることも同時に明らかにし、こちらは2020年の出荷を見込んでいる。

・用途幅広く

Surface Hubはインターラクティブな巨大ホワイトボードで、タッチディスプレイを搭載する。OfficeやMicrosoft Teamsなどのツールが使え、プレゼンテーションや会議など幅広い用途が想定される。

カメラやマイク、スピーカーがもちろん搭載されていて、複数の遠隔地からの参加者を映像でつないでミーティングするということもできる。

今回発表した2Sは50インチ(アスペクト比3:2)で解像度は3840×2560。車輪付きのスタンドを使って持ち運びができ、部屋をまたがっての使用にも対応する。価格は8999ドル(約101万円)。

・つなげての利用も

一方の85インチモデルはアスペクト比16:9。50インチと並べての使用もオーケーだ。

たとえば、85インチモデルの両サイドに50インチを置いて横長の巨大画面にして使うこともできれば、85インチモデルのスクリーンに映し出したコンテンツの詳細を左右の50インチに表示する、といったこともできる。こちらは2020年出荷予定で、価格についての情報はまだない。

いずれも、日本での早期発売にも期待したいところだ。

Microsoft
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報