海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ミックスドリアリティ空間でインタラクティブに外国語学習!モノにタッチして覚える「Lalinga」

Tech

ミックスドリアリティ空間でインタラクティブに外国語学習!モノにタッチして覚える「Lalinga」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
外国語学習の重要度は高いが継続がむつかしいため挫折してしまう方も多いだろう。子どもにとってはなおのこと、楽しみながら学べるかどうかが継続のカギとなる。

どこか味気ない外国語学習を刺激的なものに変えてくれそうなのがミックスドリアリティ(MR)を活用した「Lalinga」だ。

「Lalinga」ではMRゴーグルを装着してMR空間を探求。オブジェクトに触れながらインタラクティブに外国語を学んでいく。

・MRの学習促進効果に着目

「Lalinga」のコンセプトは、MRに関する研究成果に基づいたものだ。MRを活用することで学習での記憶の定着が促され、学習者に動機を与えまることがわかっている。

ホログラムは直感的な学習を可能にし、新しい体験を与えてくれる。「Lalinga」では、MR空間に没入して五感を使うことや、インタラクティブな探求により楽しく知識を身につけることに焦点が当てられている。

学習者はMRゴーグルを着用してMR空間を探求。そのなかに出てくる家のなかのモノにタッチすると単語の外国語訳や発音が確認できる。

また、MR空間に登場するキャラクターの動作にタッチすることで、名詞と同じように動詞や形容詞の単語も学べる。

・継続的なテストで記憶を保持

さまざまな視点から3Dオブジェクトが探求できて、ビジュアルと音声、環境のなかの位置や動きというリッチな情報により、外国語と母国語が自然にリンク。さらには、継続的なテストが記憶への保持を助けてくれる。

テストは、合格水準に達すると次のレベルへのロックが解除されるようなゲーム形式になっていて、達成感が得られる仕組みになっている。

繰り返しによる記憶の定着の仕組みも取り入れられていて、一度に記憶できる単語のチャンク数5~7語ごとにタッチして自分で発音…というサイクルを繰り返す。

そしてテストでは、単語を正しい順序に並べ替えたり、いくつかの選択肢から正しい単語を選んだりといった深掘りがおこなわれる。

このように、自分のペースで学べて好奇心ドリブンな学習を可能にする「Lalinga」だが、現在はベータ版待ちとなっている。サイトから動画など詳細が確認できるので興味ある方は参照してみて欲しい。

Lalinga
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報