海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up スイミングにも使えるワイヤレスイヤホン「Sporty」は4GBのストレージ付き!

Start Up

スイミングにも使えるワイヤレスイヤホン「Sporty」は4GBのストレージ付き!

Bluetoothイヤホンがケーブルタイプに取って代わり、多くの人がワイヤレス音楽ライフを楽しんでいるだろう。特にスポーツをするときにスマホを身につける必要がなく、ケーブルに煩わされることもないのは便利だ。 ただ、難点は...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bluetoothイヤホンがケーブルタイプに取って代わり、多くの人がワイヤレス音楽ライフを楽しんでいるだろう。特にスポーツをするときにスマホを身につける必要がなく、ケーブルに煩わされることもないのは便利だ。

ただ、難点はBluetoothが届く範囲でしか使えないこと。そこで今回紹介したいのが4GBのストレージが付いているワイヤレスイヤホン「Sportfy」。防水仕様なので、ロッカーにスマホを置いたままスイミング中に音楽を楽しむということができる。

・計55時間の再生

Bluetooth 5.0を採用しているSportfyはもちろんスマホと接続させて音楽を楽しめる。1度スマホとペアリングすれば、次回からはケースから取り出すと自動でスマホと接続する。接続範囲は10〜15メートル。

連続再生時間は5時間だが、バッテリー搭載のケースを使えばさらに50時間の再生が可能だ。対応周波数は20Hz~20KHzで、ノイズキャンセリング機能も搭載している。

・スマホなしで音楽再生!

Sportfyの最大の特徴の一つがストレージを内蔵していることで、ここにコンピューターから音楽を入れることができる。つまり、MP3プレーヤー付きのイヤホンで、スマホなしに音楽を楽しむことができる。

これはランニングなどのエクササイズ時にスマホを持ち運びたくないというときに便利で、またSportfyは防水規格IP67をクリアしているのでスイミングやシャワー時にもそのまま使える。

ちなみに、スマホとのペアリングを切って内蔵している音楽を聴くなどの操作は、イヤホンについているボタンをプッシュして行う。

Sportfyは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中で、出資額は69ドル(約7700円)〜となっている。すでに調達目標額は達成し、出資を5月10日まで受け付けたのちに6月にも発送が始まる見込みだ。

Sportfy/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報