海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech “レジなし”“キャッシュレス”が売りのAmazon Go、現金払いも受け付けへ

Tech

“レジなし”“キャッシュレス”が売りのAmazon Go、現金払いも受け付けへ

2018年にAmazonが米国シアトルに初めてレジなし店舗「Amazon Go」をオープンしたときには、大きな話題となった。買い物客は欲しい商品を手にとってそのまま店を後にできるという、これまでにないスタイルだったからだ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年にAmazonが米国シアトルに初めてレジなし店舗「Amazon Go」をオープンしたときには、大きな話題となった。買い物客は欲しい商品を手にとってそのまま店を後にできるという、これまでにないスタイルだったからだ。

しかし、その最先端テックをフル活用したAmazon Goは今後、従来の小売店舗と同様にレジを設けて現金支払いを受け付けることになりそうだ。導入時期は未定ながら、広報が米メディアに明らかにした。

・「キャッシュレスのみは差別」

これは、現金払いを受け付けないことは銀行口座やスマートフォンを持たない人への差別につながる、という行政の指摘を受けた動きだ。

フィラデルフィアが米国で初めてキャッシュレス決済のみの店を不可とする条例を今夏施行することはTechableでも紹介した通りで、ニューヨークやサンフランシスコ、シカゴ、ワシントンD.C.でも同様の条例が検討されている。Amazon Goに限らず、キャッシュレス店舗の増加に歯止めをかける狙いだ。

・利便性はそのまま

Amazon Goを利用するには、まずアプリをスマホにダウンロードし、支払いに使うクレジットカード情報などを登録する。そして、スマホをかざして入店すれば、客がどの商品を手にとったのかをカメラやセンサーが追跡し、客がそのまま店を出ても自動精算され、クレジットカードに課金される。

つまりスマホやクレジットカードを持っていない人はAmazon Goを利用できない仕組みになっている。この点をなんとかしようとしているのが新条例で、Amazon Goでは店内にレジを設けて現金払いを受け付けることになる。

ただ、レジが設置されてもアプリ利用者の利便性はそのまま確保される。

端末の浸透、ひいてはキャッシュレス化の動きが進む米国が直面している新たな課題や問題点は、日本にとっても参考になりそうだ。

Source: CNBC
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報