海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 103の言語が学べる「Mate」、Chrome拡張機能はNetflixの英語字幕も即訳

Tech

103の言語が学べる「Mate」、Chrome拡張機能はNetflixの英語字幕も即訳

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Netflixで英語を学んでいる方は多いと思う。英語字幕を観ながらリスニングやシャドーイングすることで、時間を浪費することへの罪悪感なく映画が楽しめる。

ただ、意味のわからない単語が出てくると楽しさは半減。毎回意味を調べるのも億劫だ。ChromeでのNetflix視聴で日本語字幕と英語字幕が表示できる「LLN(Language Learning with Netflix)」といった拡張機能もあるが、単語の意味だけわかれば十分という方には、「Mate」が便利だろう。

・ワンクリックでNetflixの字幕を翻訳

「Mate」は、ChromeおよびFirefox、Edge、Operaといったブラウザで利用できる翻訳ツールだ。Webページ上のテキストならGoogle翻訳でもよいが、Netflixの字幕となると話は別だ。デフォルトでは、「Mate」を追加してNetflixの字幕上にマウスオーバーしてクリックすると辞書がポップアップするようになっている。

発音を聴くこともできるほか、ダークモードを利用して目の負担がやわらげられる。103の言語に対応しているので、英語以外の言語を学んでいる方にも重宝するだろう。ポップアップのサイズや辞書を表示するアクションについては、設定からカスタマイズ可能だ。

・単語リストで復習ができる

ぜひとも利用したい機能が単語リストで、調べた単語を保存すると自動で映画のタイトルで単語リストに登録される。自分で単語を入力して登録することも可能で、単語リストを参照することで後から復習できる。

また、デフォルトでは調べた単語の履歴が保存されるので、こちらを参照して復習するのもよいだろう。

ちなみにiOSアプリも出ており、こちらは有料(1200円)となっている。ことわっておくと、アプリでできることは入力した単語を調べることや単語リストを作ることで、アプリ版Netflixの字幕は翻訳できない。

ブラウザ版に関しては近い将来Youtubeにも対応するとのことで、これによりさらなる使い勝手の向上が期待できるのではないか。

Mate
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報