海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Walmart、店舗に先端ロボを大量導入! 自動走行クリーナーは1500台配置

Tech

Walmart、店舗に先端ロボを大量導入! 自動走行クリーナーは1500台配置

ロボットによる店内の床清掃や商品棚の在庫チェックなど、世界最大のスーパーマーケットチェーンWalmartは近年、先端テクノロジーの活用を模索してきた。 そうした試みを、いよいよ本格化させる。Walmartは9日、掃除ロボ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロボットによる店内の床清掃や商品棚の在庫チェックなど、世界最大のスーパーマーケットチェーンWalmartは近年、先端テクノロジーの活用を模索してきた。

そうした試みを、いよいよ本格化させる。Walmartは9日、掃除ロボを1500台導入するなど、全米の店舗で先端技術を大規模導入すると発表した。

・在庫チェックもロボにお任せ

具体的には、自動で走行しながら床をモップがけするクリーナー「Auto-C」のほか、店内の棚の在庫状況や価格表示をチェックするスキャナー「Auto-S」を300台導入する。

これらのロボットはいずれも無人でゆっくりと店内を自動走行しながら作業を行う。

・商品ピックアップの機械も

また、これまで人的労力にかなり頼っていた部門も機械化する。たとえば、トラックで店舗に届いた商品の仕分けでは、「FAST Unloader」というマシーン1200台が導入される。

FAST Unloaderはパッケージのラベルをスキャンし種類や優先順位に基づいて自動で仕分ける。しかもAuto-Sとデータを共有するので、店舗に届いた商品の中でどれをすぐに店頭に並べるべきか、店舗側は容易に把握できるとのこと。

消費者に近いところでは、Pickup Tower900台を新たに配置する。これは、消費者がオンラインで注文したものをピックアップできる自動販売機のようなマシーン。

消費者は注文時に店舗設置のPickup Towerでの受け取りを指定することで、都合に合わせていつでもピックアップできる。配達を待つのがもどかしいときは特に便利だろう。

こうした先端テックの導入はもちろん作業効率化が究極的には目的だが、今回これにより人員削減はないという。人的資源を他の部門にあててサービスを高めるという戦略で、他の小売にも影響をあたえそうだ。

Walmart
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報