海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 既存の物理鍵も使用可能!ダイヤル錠も搭載のスマートロック「U-Bolt Pro」

Tech

既存の物理鍵も使用可能!ダイヤル錠も搭載のスマートロック「U-Bolt Pro」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォンと連動し、接近するだけで自宅の錠前が開錠されるスマートロック。確かに便利ではあるが、もしスマホの電池が切れていたらという問題もある。

そうなると、最悪家主ですらも開錠できなくなる。ならば、既存の物理錠前を活かしながら導入できるスマートロックを開発する必要がある。「U-Bolt Pro」は、まさにそのようなコンセプトの製品だ。

・Bluetoothでも物理鍵でも

スマホとスマートロックがBluetoothで自動接続し、家主が近づけば開錠するという仕組みは既に周知されている。しかしU-Bolt Proは、それ以外にも様々な開錠方法を提示している。

まずはダイヤル錠。金庫のように番号ボタンを押してパスワードを合わせるというものだが、それが面倒な場合は中央の指紋認識パッドに指を乗せる。

スマホをU-Bolt Proの前にかざし、左右に振ることで開錠する方法も用意されている。開発者はこの動作を「マジックシェイク」と呼称している。

そして、U-Bolt Proの最大の特徴は従来の物理錠を取り除かないという点だ。いざとなればU-Bolt Proの蝶番を開いて、その奥の物理錠を露出させることができる。ここに従来の鍵を差し込んでドアを開くことも可能。

これは即ち、U-Bolt Pro本体のトラブルで自宅から締め出させるのを防止する措置である。U-Bolt Proが電池切れを起こした場合は、モバイルバッテリーから再充電することもできる。そもそも、この製品の内蔵バッテリーは4本の乾電池。交換も簡単である。

・プッシュ通知で開錠を知らせる

専用アプリでは、誰がいつどのような開錠方法で家に入ったのかを自動記録する。遠隔地にいても、ドアの開錠をプッシュ通知という形で知らせてくれる。

U-Bolt Proは現在、クラウドファンディング「Indiegogo」で119ドル(約1万3300円)を受け付けている。配送は6月から。

Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報