海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 愛犬の気持ちを翻訳してくれるヘッドセットが登場間近

Tech

愛犬の気持ちを翻訳してくれるヘッドセットが登場間近

「嬉しい」「疲れた」「お腹がすいた」など、愛犬が考えていることを、私たち人間が話す言葉に翻訳してくれるヘッドセット「No More Woof(ノー・モア・ウーフ)」が、商品化に向けて動き出しているという。 頭部に装着する...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「嬉しい」「疲れた」「お腹がすいた」など、愛犬が考えていることを、私たち人間が話す言葉に翻訳してくれるヘッドセット「No More Woof(ノー・モア・ウーフ)」が、商品化に向けて動き出しているという。

頭部に装着すると、このヘッドセットは脳からの信号を読み取り、マイクロ・コンピューティングを経由して、いま愛犬が感じていることを言葉に変換し、スピーカーを通して私たちに伝えてくれるのだそう。

現在、こちらの製品は、英語以外の言語への変換を可能にするため、クラウドファンディングの「indiegogo」にて資本金の出資を募っている。

まだ目標額には達成していないが、「ノー・モア・ウーフ」の“スタンダード・バージョン”がもらえる、300ドル(約3万1000円)以上の出資者はすでに定員に達しており、期待の高さがうかがえる。

2~3種類の感情のみを察知し、翻訳が可能な“マイクロ・バージョン”が贈呈される、65ドル(約6700円)の出資枠は現在も募集中なので、気になる方は出資を検討してみては?

No More Woof
(ISUTA)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報