海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 3Dプリンティングの大手2社が共同開発!バイオベースの医療向け新素材「PA11」に注目

Tech

3Dプリンティングの大手2社が共同開発!バイオベースの医療向け新素材「PA11」に注目

3Dプリンティングオンデマンド商品メーカーShapewaysと工業用3D印刷技術の大手、EOSが共同で新素材を開発。弾性があり軽量、かつ耐衝撃性が高いバイオベースナイロンポリマー「PA11」を発表した。 ・原料は天然のヒ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
3Dプリンティングオンデマンド商品メーカーShapewaysと工業用3D印刷技術の大手、EOSが共同で新素材を開発。弾性があり軽量、かつ耐衝撃性が高いバイオベースナイロンポリマー「PA11」を発表した。

・原料は天然のヒマシ油

医療用途を目的に開発された「PA11」。その原料は天然のヒマシ油。安全性が高く、義肢装具として用いるにはぴったりの素材だ。生分解性のため、環境にも優しい。

特長は高い弾力性。破断点での伸びが大きく、力任せに引っ張っても破れにくいので、整形外科の固定装具としても最適だろう。傷の回復も早い。開発元の見込みでは一般的な医療用装身具に比べ、患部の治りが3週間ほど早まるという。

標準の白仕上げ以外に利用者の好みに合わせた染色にも対応。自分の肌の色に合わせて染めてもらえば、装具が目立つこともない。低価格なところも大きなポイント。従来品より900ドル(約10万円)も安い料金で提供できるそうだ。

・医療以外にも用途はさまざま

他にもいろいろな用途がある。例えばロボティクスやドローン、エレクトロニクスなど。アイディア次第でさまざまな消費者製品に採用可能だ。

今はまだリリース段階のため、製品への登用はもう少し先になる。最初の導入は整形外科や歯科の補綴になるだろう、とのこと。多彩な活躍を期待したい。

PA11
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報