海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media オリジナルの360度パノラマ画像が作成可能に Googleストリートビューに新機能

Social Media

オリジナルの360度パノラマ画像が作成可能に Googleストリートビューに新機能

GoogleのStreet-viewを初めて目にしたとき、非常に印象的ではなかっただろうか。平面の1枚写真では伝わらない臨場感、まるでそこに自分が立っているかのような視点が、とても新鮮なものだったろう。ただ、360度のパ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google-Maps-ViewsGoogleのStreet-viewを初めて目にしたとき、非常に印象的ではなかっただろうか。平面の1枚写真では伝わらない臨場感、まるでそこに自分が立っているかのような視点が、とても新鮮なものだったろう。ただ、360度のパノラマ写真は魅力的だが、プロにしか撮影できなかったり、専用の器具が必要だったりするものでもあった。

このほどGoogle Maps向けの新しい機能がローンチされ、誰でも気軽に360度のパノラマ写真をGoogle Mapsでシェアすることができるようになった。ユーザーはAndroid4.2以降のスマートフォンを用意し、カメラの専用アプリを起動する。後は撮影したいポイントで、水平を保ちながらその場でゆっくり周囲をぐるっと撮影するだけ。撮影データは、Androidのシェア機能を使ってGoogle MapsのViewsに送信され、他の人たちと共有できるようになるという流れ。

このパノラマ写真は、GPSを用いた位置情報をもとにタグ付けされていて、1つの写真群ごとに区別されている。それぞれの写真群は、マップ上にピンを差すようにして配置でき、位置を示すピンが点在して構成されるさまは、まるで星座のようにも見える。Androidデバイスを保持していない人は、デジタル一眼レフカメラを用いて、マニュアルでデータをアップロードすることもできるようだ。

Viewsのデータは、既存のGoogle Maps Street-viewの画像に影響を与えるものではないので、あくまでこれまでの画像データをユーザーが補完し、さらに充実させるためのものである。自分で撮影した写真で、GoogleのStreet-viewのオリジナルガイドを作成するなど、プライベートでもビジネスでも、幅広く活躍しそうだ。

Google Maps Views
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報