海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech LEGO、小学校高学年〜中学生向けのプログラミングキット「Spike Prime」発表

Tech

LEGO、小学校高学年〜中学生向けのプログラミングキット「Spike Prime」発表

子供が遊び感覚でプログラミングを学べるツールがまた一つ増える。ブロックで知られる米LEGOが、新商品「Spike Prime」を発表した。 小学校高学年〜中学生を対象としたSTEAM教育での活用を想定していて、米国ではす...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
子供が遊び感覚でプログラミングを学べるツールがまた一つ増える。ブロックで知られる米LEGOが、新商品「Spike Prime」を発表した。

小学校高学年〜中学生を対象としたSTEAM教育での活用を想定していて、米国ではすでに予約受け付けを開始。8月以降の出荷を予定している。

・センサーやモーターも

このキットには500以上のピースが含まれている。お馴染みのブロックに加えて、センサーやモーターなどもあり、それらを組み合わせながらロボットをつくる。

ジャイロスコープやスピーカー、ライトマトリックス、ディスプレイなども用意されていて、なかなか本格的なロボットができそうだ。

そしてつくったロボットを動かすのが「Scratch」と呼ばれるプログラミング言語。ロボットにどういう動きをさせたいのかを設定し、実際に動かす過程でプログラミングのスキルを学べる。

・簡単なドラッグ&ドロップ操作

プログラミングのために使用するSpikeアプリは、ドラッグ&ドロップ式で、子供でも簡単にコーディングできるようになっている。これなら試行錯誤が簡単で、「こうやるとどうなるか?」と想像力やチャレンジ精神を育てることにもつながりそうだ。

アプリはChrome、Windows 10、Mac、Android、iOSデバイスで利用できる。

STEAM(科学、技術、工学、美術、数学)が学べるこのキットの価格は329.95ドル(約3万7000円)。現在プレオーダーは米国のみだが、夏以降、日本など米国外のマーケットでも展開する見込み。

LEGO
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報