海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech GoogleとWalmartが再びタッグ!音声ショッピング機能「Voice Order」を導入

Tech

GoogleとWalmartが再びタッグ!音声ショッピング機能「Voice Order」を導入

Googleは音声アシスタント「Googleアシスタント」経由でショッピングを可能にする「Googleエクスプレス」を展開しているが、そのマーケットプレイスからWalmartは今年初めに離脱していた。 しかし、それは独立...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleは音声アシスタント「Googleアシスタント」経由でショッピングを可能にする「Googleエクスプレス」を展開しているが、そのマーケットプレイスからWalmartは今年初めに離脱していた。

しかし、それは独立したサービスに向けた動きだったようだ。Walmartは2日、Googleアシスタントを使った音声ショッピング機能「Walmart Voice Order」を発表した。

・クロスプラットフォーム

Voice Orderは基本的にはGoogleエクスプレスと似ている。話しかけるだけで商品の注文ができ、ユーザーがいつも購入している商品を注文する賢さを併せ持つ。

たとえば「オレンジジュースを注文して」と言うと「トロピカーナのオレンジジュースを5.18ドルで注文します」と詳細を伝え、実行する。

この音声ショッピング機能はGoogle Home HubやAndroid端末、iPhone、スマートウォッチなどGoogleアシスタントに対応するデバイスで利用できる。

・Amazonの牙城を崩せるか

音声ショッピングといえば、現在はAmazonとAmazon Echoの組み合わせの独断場となっていて、Voice OrderはAmazonに挑む取り組みとなる。

Walmartは世界最大のスーパーマーケットチェーンであり、Voice Orderの導入で一気に音声ショッピング利用者を増やす可能性はある。ただ、Voice Orderでは最初に「OK Google, talk to Walmart」と呼びかける手間があり、この点においては、ダイレクトにショッピングができるAmazonに軍配が上がる。

実在店舗にネット、音声アシスタント、ロボット配達といったテクノロジーを組み合わせた小売業界の競争は今後ますます激しくなりそうだ。

Walmart
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報