海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 「魚がかかった」をアプリにお知らせ! どの釣竿でも使えるスマートリール登場

Start Up

「魚がかかった」をアプリにお知らせ! どの釣竿でも使えるスマートリール登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
釣り糸を垂らした釣竿を立てかけておいて、魚がかかるのを寝転んだりしながら待っている釣り人の姿を見かける。魚が餌をつついても気づかないのでは?と思う人もいるだろう。

しかし、米国のスタートアップが開発したリールなら、そんな心配は無用。魚がかかったらスマホのアプリにすぐさまお知らせしてくれる。

・センサーで振動キャッチ

米国カンザス州拠点のTackoboxが手がけた「Smart connect」は、その名の通りスマホとBluetoothでつながっている。モジュールに含まれたセンサーが魚が餌をつつく振動をとらえると、それをBluetooth経由で専用の無料アプリ(iOS、Android)をダウンロードしたスマホに即座に知らせるという仕組み。

お知らせ方法はアラーム音に加え、振動、スクリーンの点滅から選べる。また、Bluetooth対応のキャンプ用ランタンなどを点滅するよう設定することも可能だ。

これなら、うたた寝をしていても、友達とおしゃべりに夢中になっていても、“かかり”を逃すことはなさそう。

・リール4台を一括管理

リールはアルミニウム製のスプールとなっているので軽量で、ギア比は4.7:1。開発元によると、どの釣竿にも取り付けることが可能とのこと。

リールにはバッテリーも内蔵されていて、フル充電で40時間駆動し、充電はUSBで行う。また、複数の釣竿の同時使用にも対応し、アプリではSmart connect 4台まで管理できる。

気になる値段はというと、119ドル(約1万3000円)。釣りが趣味という人はサイトをチェックしてほしい。

Tackobox
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報